HOME > トピックス > 『CUE’S CUP』東日本出場者4名が決定!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2023年1月号
2022年12月2日 発売

詳細を見る

『CUE’S CUP』東日本出場者4名が決定!

2022.11.08

Billiard CUE'S CUP JAPAN POOL CHAMPIONSHIP 2023

「JPBA × CUE’S」のタッグで来春開催予定の『Billiard CUE’S CUP JAPAN POOL CHAMPIONSHIP 2023』(以下、CUE’S CUP)。東日本、西日本のグランプリランキングトップ4の計8名で真のNo.1を決めるCUE’S CUPの、東日本出場者4名が決定しました。

CUE’S CUPは、日本初となる試みを導入し、出場選手に最高レベルのプレーを発揮してもらえる環境を作り、プロスポーツとしてのプールの面白さとその奥深さをビリヤードファンの皆様にもできる限り改めて感じていただけることを目的に起ち上がった企画です。

【開催概要】
■開催日時:2023年1月21日〜22日(土・日)
■主催:株式会社BABジャパン(ビリヤードCUE’S)、日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)
■出場選手:2022GPイーストランキング1〜4位、2022GPウエストランキング1〜4位の計8名
■競技種目:ナインボール
■試合形式:8名によるシングルイリミネーション
■試合フォーマット:準々決勝:7ラック先取、準決勝:11ラック先取、決勝:13ラック先取(予定。全て勝者ブレイク、レフェリーラック、ショットクロック30秒、3ポイントルール採用)
■会場:The BAGUS PLACE(東京・銀座)

JPBA GRAND-PRIX EAST 2022 最終結果

全6戦が開催された東日本は、11月6日(日)の『バグース六本木』戦を以てシーズン終了となりました。最終戦で4位・栗林達が予選敗退、5位・小川徳郎が予選通過したことで順位変動に注目が集まりましたが、小川がベスト8で敗退。ポイント700Pで並び、「最高成績を挙げた選手が上位」というJPBA規定に則り、第1戦優勝の栗林が4位を守った恰好になりました。終わってみれば順位変動はなく、4名全員が『GPE年間MVP』獲得歴のあるトッププレイヤー。それでは、東日本代表4選手と今シーズンの成績を紹介します。

JPBA GRAND-PRIX EAST 2022 ランキング1位:羅立文
JPBA43期生。44歳。

2009年にJPBA入り後、翌年にJPBA年間ランキングMVPを獲得。GPE年間MVPは2012年、2021年、2022年。2015年から『アジア選手権』3連覇、国内公式戦は30勝に王手をかける、国内外においても有数のトッププレイヤー。今年のGPEでは全戦決勝日(ベスト16)進出、4戦ファイナルに進出、うち3戦優勝と圧倒的な成績を残し、2年連続で1位を獲得。

第1戦:9位タイ
第2戦:3位タイ
第3戦:準優勝
第4戦:優勝
第5戦:優勝
第6戦:優勝

JPBA GRAND-PRIX EAST 2022 ランキング2位:内垣建一
JPBA28期生。53歳。

国内公式戦通算20勝かつ海外経験も豊富なベテランプレイヤー。2008年にGPE年間MVPを獲得。今季GPEは未勝ではあるものの、「前回優勝シード」がない状態で全戦予選を突破。6戦中5戦で3位以上というハイアベレージを記録した。今年のジャパンオープンでもファイナルまで進んでおり、GPEに限らず抜群の安定感を示している。

第1戦:3位タイ
第2戦:準優勝
第3戦:3位タイ
第4戦:準優勝
第5戦:5位タイ
第6戦:準優勝

JPBA GRAND-PRIX EAST 2022 ランキング3位:土方隼斗
JPBA40期生。33歳。

CUE’S CUP出場者の中では最年少ながらJPBA公式戦通算38勝と最多を誇る。2004年から始まったGPEでは、2010、2011、2015〜2017の5季に渡り年間MVPとこちらも最多。日本ビリヤードのトップランナーの1人として数々の国内記録を更新し続けている。今季GPEでは、第3戦でランキング1位の羅を下して優勝を果たした。

第1戦:9位タイ
第2戦:9位タイ
第3戦:優勝
第4戦:5位タイ
第5戦:17位タイ
第6戦:17位タイ

JPBA GRAND-PRIX EAST 2022 ランキング4位:栗林達
JPBA39期生。40歳。

プロ通算28勝。GPE年間MVPは2013年、2014年に獲得している。今季グランプリでは、第1戦以降優勝から遠ざかっているように見えるが、今年の9月、全国の選手を対象として行われた『東海グランプリ』に優勝するなど、「超人」の勝負強さは健在。これほどの選手が4位争いをしていたことに東日本勢の層の厚さが窺える。

第1戦:優勝
第2戦:9位タイ
第3戦:9位タイ
第4戦:17位タイ
第5戦:5位タイ
第6戦:17位タイ

Billiard CUE’S CUP JAPAN POOL CHAMPIONSHIP 2023