HOME > トピックス > ツアーに仕事に子育てに、ママプロ奮闘中!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2023年1月号
2022年12月2日 発売

詳細を見る

ツアーに仕事に子育てに、ママプロ奮闘中!

2022.10.29

ビリヤードCUE'Sで連載中の『ビリヤード金言集』特別編掲載号も好評発売中!

日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)に所属する60名の女子プロの1人であり、9月末時点の2022年ランキングで4位と、トップランカーとしても活躍中の青木知枝プロ。先月行われた『東海レディースグランプリ』では見事「ママ」として初優勝を果たし、直近の『ジャパンオープン』では9位タイと充実のシーズンを送っている。

そんな知枝プロは、夫である同じJPBAの青木亮二プロ、愛娘のりおなちゃんの3人家族。現在はツアープロとしてだけでなく、他に仕事も持ち、妻、母として家庭を支え、さらに本誌では、2020年からの連載企画『ビリヤード金言集』を執筆中と、忙しいながら充実した2022年を過ごしている。

それを最も感じることができたのが、今年6月25日に夫妻とりおなちゃんの家族全員で行った結婚式。コロナの影響を考慮して、当初1月だった予定が4月になり、さらに延期となり、ようやく6月に実現したものだったが、出席した親族、友人、ビリヤード関係者全員が祝福する中、知枝プロは結婚式を一つの節目として、これからの目標を1つ1つクリアしていく決意を語ってくれた。

その後は前述の通り、東海レディースでは出産を経てJPBAに復帰して以来初の優勝を果たす。そしてこれは知枝プロのJPBAプロとしての一つの大きな目標でもあった。11月に予定されていた『第55回全日本選手権』が中止となってしまったため、現時点では2022年JPBA女子のランキング対象公式戦はスケジュールされていないが、知枝プロはプレイヤーとしての次なる目標に向かって忙しい時間の合間を縫って練習を続けている。

そして本誌執筆陣の1人としては、家庭があり仕事や子育てもしながらプレーを続ける女性プレイヤー代表の1人として、同じ環境にあるプロ、アマチュア女性プレイヤーと情報を共有し、ビリヤードを楽しく続けていける環境作りを模索する企画を立案。これは現在編集部とともに実現に向けて動き出している。

知枝プロの今後のプレーとともに、ビリヤードプレイヤーとしての様々な想いを込めた、今後の様々な本誌企画にもぜひ注目していただければ幸いだ。