ウェブキューズはビリヤードの全てがわかる総合情報サイトです。

台湾では1月にwnt.ランキングイベントが開催

2023.12.18

2024年1月〜2月の海外戦情報

2024年1月に『世界プール協会』(WPA)、『アジアキュースポーツ連合』(ACBS)が公認する『INDONESIA INTERNATIONAL OPEN 2024』(インドネシアオープン)が開催されることは16日にお伝えしたが、その他にもすでに幾つかの国際トーナメントの開催がアナウンスされている。

まず、11月に行われた『寬仁親王牌 第56回全日本選手権国際オープン』の前週に、初めて台湾で行われたwnt.(ワールドナインボールツアー)ランキングイベントである『2023 Universal Chinese Taipei Open』(台北オープン)。その第2回大会が、インドネシアオープンよりもさらに早い年明け早々の1月10日〜12日(水〜金)に開催される。

第1回大会は、wnt.のイベントとしては小規模な開催となったが、第2回目では、出場枠も64名から96名に拡大し、さらに賞金総額もアップした形での開催となる予定だ。

WPA/ACBSとwnt.の間で揺れるアジアのビリヤード界だが、台湾関係者によれば、WPA/ACBS傘下の『中華民国ビリヤード協会』は、wnt.のイベントにはタッチせず公認大会への選手派遣を継続し、wnt.イベントは民間プロモーターが運営し、協会もプレイヤーがここに出場することに制限をかけない判断をしており、wnt.イベントについては第2回以降複数回の開催を予定しているとのことだ。

WPAは、2024年3月以降に公認大会以外(wnt.)に出場したプレイヤーはランキングポイント剥奪の上で出場停止という処分をオフィシャルに発表している。全日本選手権前後の取材で得た情報によると、ACBSは各国連盟に対して、WPAよりさらに進んだ形で、独自にwnt.への即刻出場禁止とペナルティの通達をしておりそれによる混乱もあった。だが、今月に入りACBSがこれを撤回したとの新たな情報もあり、台北オープンへは、アジア各国のプレイヤーは自由に出場できる状況にあるようだ。

WPA公認の大会については、ビッグイベントとして2月21日〜3月2日に『男子テンボール世界選手権』を含む5大会のパッケージがアメリカ・ラスベガスで開催される。

男女の『Las Vegas Open』が21日〜25日、『Apex Mixed Doubles Invitational』が25日、日本からは平口結貴の出場が決定してる『PBS Women Showdown』が25日〜27日、男子テンボール世界選手権が27日〜3月2日までの予定となっており、現在のところwnt.の2024年フルスケジュールは発表されていないが、ここに出場した後、各国のプレイヤーは、WPAかwnt.かを選択することになると考えられる。

ページトップへ