HOME > トピックス > 『ミシガンオープン』、日本勢最高位は曽根の9位タイ

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2023年1月号
2022年12月2日 発売

詳細を見る

『ミシガンオープン』、日本勢最高位は曽根の9位タイ

2022.09.25

ミシガンオープン@アメリカ・ミシガン州『ケロッグアリーナ』

9月21日~24日(水ー日)の日程で開催された『ミシガンオープン』。会場はアメリカ・ミシガン州『ケロッグアリーナ』。日本から男子トーナメントに大井直幸、女子トーナメントに曽根恭子村松さくらが出場。大井は敗者最終で敗れ17位タイ。曽根は決勝トーナメント初戦のベスト16で敗れ9位タイ、村松は敗者最終で敗れ17位タイで大会を終えた。

テンボール4ラック2セット先取。フルセットの場合はシュートアウトで勝敗を決するフォーマット。予選ダブルイリミネーションでベスト16から決勝トーナメントが行われた。

大井は勝者最終まで勝ち進むもミカ・イモネン(フィンランド)にストレート負けを喫し敗者最終へ。そこで 謝佳臻(台湾)にセットカウント1−2で敗れた。曽根は敗者側から決勝トーナメントに進出。その初戦でカレン・コー(アイルランド)にセットカウント1−2で敗れた。村松は1敗を喫しながら敗者最終まで勝ち進む。そこでアンジェリン・チコア(フィリピン)に1−2で敗れ、それぞれ大会終了となった。

大会は、男子トーナメントではアロイシウス・ヤップ(シンガポール)がロビー・カピト(香港)を下し、女子トーナメントはケリー・フィッシャー(イギリス)が魏子茜(台湾)を下して優勝を飾った。