HOME > トピックス > 村松が2連勝! 曽根、奥田は敗者側へ

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

村松が2連勝! 曽根、奥田は敗者側へ

2022.08.18

『プレデター女子カナダオープン』@カナダ・レッドディア

陳佳樺(台湾)vsアリソン・フィッシャー(イギリス)

8月17日~20日(水ー土)の期間、カナダの都市レッドディアにて開催中の女子のテンボール国際トーナメント『プレデター女子カナダオープン』。日本からは、JPBA曽根恭子奥田玲生村松さくらの3名が出場し、村松が連勝、曽根と奥田は1敗を喫し、敗者側トーナメントに回った。

4ラック2セット先取、セットカウント1−1の場合シュートアウト対決、出場者44名から16名を選出するダブルイリミネーション、以降はシングルイリミネーションという『WPBA(Women’s Professional Billiard Association)ツアー』同様のフォーマットで争われる。

村松は1回戦、キャシー・マクドナルド(カナダ)4−0、4−0の完封劇。2回戦で早くも日本選手同士の対決、村松vs曽根となり、村松が1回戦の勢いをそのままに4−2、4−2でストレート勝ちを収めた。村松は勝者3回戦でジョアンナ・アシュトン(イギリス)と日本時間19日(金)午前5時から試合開始予定となっている。敗れた曽根は、敗者2回戦を不戦勝、次戦はサバンナ・イーストン(アメリカ)と19日(金)午前5時から試合開始予定。

奥田は1回戦、パメラ・ミュラン(カナダ)にストレート勝利を収めるも、続く2回戦でテルコ・ククレリ(アメリカ)に4−0、3−4のフルセットの末、シュートアウトで0−2とセットマッチならではの惜敗を喫し、敗者側へ。敗者2回戦では、ジェリ・エン(アメリカ)に4−2、4−1でストレート勝利。次戦はスーザン・ウィリアムズ(アメリカ)と19日(金)午前1時から試合開始予定。
組み合わせ・試合結果はこちら

なお、写真は勝者2回戦で見られた好カード、陳佳樺(台湾)vsアリソン・フィッシャー(イギリス)の様子。試合はフルセットまでもつれ、シュートアウト対決で陳が5−4で勝利を収めている。

写真/PREDATOR Pro Billiards Series