HOME > トピックス > 初代チャンピオンは船木耕司!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2023年1月号
2022年12月2日 発売

詳細を見る

初代チャンピオンは船木耕司!

2022.07.26

第1回 NIKKA 5 OPEN

7月24日(日)、東京・武蔵小山の『NIKKA 5』にて、スリークッショントーナメント『第1回NIKKA 5 OPEN』が開催。船木耕司が初代王者に輝いた。

会場『NIKKA 5(ニッカファイブ)』

会場の『NIKKA 5』は、前身の『NIKKA』(東京・五反田、閉店)から店名を引き継ぎ2020年8月にオープン。NIKKA 5でのスリークッショントーナメントは初開催。なお、今年はプールの『東日本グランプリ第2戦』も開催されている。

出場者はプロ予選、アマ予選を勝ち抜いた精鋭24名。ベスト4までは25点ゲーム、準決勝から15点のセットマッチ形式となり、準決勝は2セット先取、決勝は3セット先取という変則フォーマットで行われた。

優勝した船木は、初戦で田中潤、ベスト8で新井達雄を下して準決勝へ。セットマッチとなった準決勝では、第1セット5キュー、第2セット8キューで15点を取るハイパフォーマンスで米山聡に勝利して決勝へ。

決勝の対戦相手は今年の『全日本』準優勝の小野寺健容。小野寺は全日本ファイナルで争った梅田竜二萩原孝昌竹島欧を下して決勝に進出している。

決勝戦、準決勝で高いアベレージを残した船木が終始ペースを掴む。第1セット15−14(8キュー)、第2セット15−9(6キュー)、第3セット15−12(10キュー)と一度もセットを奪われることなく優勝を果たした。敗れた小野寺も高いアベレージを残して食らい付いていたが、一歩及ばなかった。

写真提供/日本プロビリヤード連盟(JPBF)