HOME > トピックス > 日本、スイスに敗れ初戦敗退

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年7月号
2022年6月3日 発売

詳細を見る
  • エレメント$
  • 用語集$
  • ギア&アイテム情報$
  • プロランキング$
  • HTリザルト$
  • 販売協力店募集$
  • 電子書籍雑誌$
  • 有田プロスクール$

日本、スイスに敗れ初戦敗退

2022.06.17

World Cup of Pool 2022@イギリス・ブレントウッド

6月14日〜19日(火ー日)の期間、イギリス・ブレントウッドで開催中の『World Cup of Pool 2022(ワールドカップオブプール)』。大井直幸吉岡正登の日本ペアは、初戦のスイス戦で敗れ、1回戦で大会を去ることとなった。

ワールドカップオブプールは、各国の代表選手2名がダブルスを組み、32のペアによる、ナインボール7ラック先取、シングルイリミネーションによって世界一のダブルスを決めるトーナメント。ベスト8から9ラック、決勝戦は11ラック先取となる。

日本ペアは初戦でスイスのディミトリィ・ジャンゴ、ロナルド・レグリのペアと対戦。序盤でスイスに5連取を許し劣勢となるが、中盤以降、大井と吉岡の息の合ったコンビネーションで6−5のリーチ。しかし、次ラックはセーフティ戦を攻略したスイスにポイント。ヒルヒルとなった最終ラックは、スイスのマスワリによって締めくくられた。日本はあと一歩のところで2回戦進出を逃し、大会終了となった。

大会は現在2回戦を2戦消化し、アメリカがポーランド、スペインがアルバニアを下してベスト8進出を決めている。

その他最新情報はコチラから(Matchroom PoolオフィシャルサイトfacebookYouTubeTwitterInstagram

写真提供/Matchroom Pool