HOME > トピックス > 界文子、『ADAM EMERALD CUP』優勝!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年7月号
2022年6月3日 発売

詳細を見る
  • エレメント$
  • 用語集$
  • ギア&アイテム情報$
  • プロランキング$
  • HTリザルト$
  • 販売協力店募集$
  • 電子書籍雑誌$
  • 有田プロスクール$

界文子、『ADAM EMERALD CUP』優勝!

2022.05.18

23rd Ladies 3C ADAM EMERALD CUP@ビリヤードヤマニ

5月15日(日)、東京・小岩の『ビリヤードヤマニ』にて、女子のスリークッションイベント『第23回アダムエメラルドカップ』が開催。界文子が5年ぶり2度目の優勝を飾った。

5点・2セット先取というショートフォーマットで、ダブルイリミネーションでベスト8を選出、以降はシングルで争われた。初心者から上級者までが楽しめる本イベント、主催の『(株)アダムジャパン』関根沙織社長も選手として参加し、勝利とはならなかったが、イベント参加を楽しんだ様子だった。

優勝を果たした界は、無敗のまま決勝トーナメントに進出し、西本優子、西多智加(ルパン)を下して決勝に。決勝の相手は、昨年と同カードで、その時の優勝者でもある東内那津未。東内は準決勝で小林諒子と対戦した際、2セットとも1キューで上がるパーフェクトゲームを披露していた。今回の決勝では、界がリベンジを果たす5−4、5−2のストレート勝ち。界は今大会一度もセットを落とすことなく、優勝を果たした。

後列左から、5位タイ:林奈美子、井上牧子、石井舞、西本優子
前列左から、3位タイ:西多智加、準優勝:東内那津未、アダムジャパン:関根沙織社長、優勝:界文子、3位タイ:小林諒子

※青枠が勝者側

写真提供/『日本プロビリヤード連盟(JPBF)