HOME > トピックス > 男子ベスト16、女子ベスト8が出揃う

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

男子ベスト16、女子ベスト8が出揃う

2022.04.23

『第38回関東オープン』『第30回関東レディースオープン』@バグース六本木

本日から2日間、4月23日〜24日(土・日)の日程で開催中の『第38回関東オープン』『第30回関東レディースオープン』。決勝会場『バグース六本木』への切符を懸けた予選が本日行われ、男子ベスト16、女子ベスト8が出揃った。

男子199名(プロ:86、アマ:113)のうち、ベスト16進出者は、組順で松野剛明川端聡大井直幸井上浩平青木亮二丸岡良輔土方隼斗栗林達西嶋大策小川徳郎、黒田祐介、内垣建一嶋野聖大稲川雄一照屋勝司、杉山功起。16名全員がJPBA所属プロ。ランキング1位の羅立文がベスト64で姿を消す波乱があった他、川端、黒田、稲川を除く13名は関東支部所属プロが残る結果となった。

女子67名(プロ:30、アマ:37)のうち、ベスト8進出者は、平口結貴青木知枝高木まき子、宮本理香、佐藤麻子、曽根恭子久保田知子栗林美幸。こちらも8名全員がプロで、ランキング1位の河原千尋がベスト32で姿を消す結果となった。

24日(日)の決勝日は、『バグース六本木』にて11:30試合開始予定。観戦チケットは2,000円となっている。

男子の関東オープンは、グレードをこれまでの「東G3」から「全国G2」に格上げして行われるため、全国を対象とした選手が集まる大会。全国規模のオープン戦開催は2020年『関西オープン(男女)』以来。また、JPBA西日本に所属するプロは、本大会が2022年の開幕戦にあたる。女子プロのランキング対象公式戦の開催は2020年『第28回関東レディースオープン』以来。

男子フォーマットは、テンボール・シングルイリミネーション・コールショット・勝者ブレイク・ランダムセルフラック。1〜2回戦11ラック、3〜4回戦9ラック、ベスト16より8ラック先取。

女子フォーマットは、ナインボール・勝者ブレイク・ランダムセルフラック・スリーポイントルール。予選6ラック先取・ダブルイリミネーション。決勝(ベスト32)7ラック先取・シングルイリミネーション。

日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)