HOME > トピックス > 『スリークッション国別対抗戦』、トルコが優勝! 日本は5位!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
2022年5月号 4/4発売

詳細を見る

『スリークッション国別対抗戦』、トルコが優勝! 日本は5位!

2022.03.14

スリークッション世界選手権国別対抗戦@ドイツ・フィアゼン

3月10~13日(木ー日)、ドイツ・フィアゼンで『スリークッション世界選手権国別対抗戦』が開催。2019年以来の開催となった本大会、トルコが大会連覇を達成した。日本からは宮下崇生梅田竜二がタッグを組んで出場し、決勝トーナメントに進出するも、ベスト8でスペインに敗れ、大会終了となった。

本大会は、16ヵ国代表2名がシングルス40点ゲームを2戦行うフォーマット。4ヵ国×4組の予選リーグで8ヵ国を選出し、ベスト8からの決勝トーナメントで優勝者を決定する。日本は予選リーグGroup Aで、ギリシャ、韓国、ヨルダンと対戦。ギリシャに2勝、韓国に1勝1敗、ヨルダンに2勝を果たし、韓国に次ぐGroup2位で予選通過。

ベスト8のスペイン戦では、宮下vsD.サンチェス(25?40・23キュー)、梅田vsR.レガスピ(21?40・20キュー)の連敗を喫し、ここで大会終了となった。

連覇を果たしたトルコは、ベスト4で日本に勝利したスペイン、決勝ではコロンビアをともにストレートで勝利し、大会連覇を達成した。大会結果はこちらから。

写真提供/UMB