HOME > トピックス > マッチルームが「ナインボールワールドランキング」、「年間スケジュール」を発表

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年7月号
2022年6月3日 発売

詳細を見る
  • エレメント$
  • 用語集$
  • ギア&アイテム情報$
  • プロランキング$
  • HTリザルト$
  • 販売協力店募集$
  • 電子書籍雑誌$
  • 有田プロスクール$

マッチルームが「ナインボールワールドランキング」、「年間スケジュール」を発表

2022.01.13

開幕は1月26日?29日の『ダービーシティクラシック(ナインボール)』

ナインボールの国際イベントを主催してきた『Match room pool(マッチルームプール)』が、昨年導入していた「マッチルームランキング」を「ナインボールワールドランキング」(WPA認可)に改め、さらに規模を拡大した2022年のスケジュールを発表した。

公表されている2022年のイベントは15(ランキング対象は11)。各イベントには「Blue Ribbon」「Major」「Ranking Event」「Non Ranking」からなる大会グレードがあり、最もハイグレードの「Blue Ribbon」は『ナインボール世界選手権』と『USオープン』の2大会(画像では「Major」とあるが誤り)。

マッチルーム主催の大会は、昨年と比較して『UKオープン』と『ヨーロピアンオープン』が新設して8イベントに増加した他、5つのイベントを予定している『ユーロツアー』、『ダービーシティクラシック(ナインボール)』、『インターナショナルナインボールオープン』など他団体主催のナインボールイベントもランキング対象試合となったことで、より厚みを増すスケジュールとなった。

また、2月13日?20日、イギリス・レスターのモーニングサイドアリーナで行われる『Premier league pool(プレミアリーグプール・PLP)』について。プレミアリーグプールは、昨年初開催された『Championship league pool(チャンピオンシップリーグプール・CLP)』を改名されたもので、フォーマットも変わり、16人のプレイヤーがリーグ形式で争う非ランキング(Non Ranking)イベント。マッチルームナインボールワールドランキングの上位12名に加えて、4枚のワイルドカードによって争われる。

ナインボールワールドランキングの順位とポイントは、「同年または翌年のイベントのシード権・組み合わせに使用、上位32名・さらにトップ8名を優遇」とあり、現在7位の大井直幸は各招待試合やイベント組み合わせで恩恵を受けることが予想される。

さらにWPA認可を受けたイベントであれば、希望すればランキング対象イベントにできるとのこと。今後スケジュールの増減も予想される中で、マッチルームがどのようなプロモーションを行っていくのか注視していきたい。