HOME > トピックス > 『ジャパンオープン』、2年連続で中止

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

『ジャパンオープン』、2年連続で中止

2021.08.04
今回の発表で4大会が中止

8月4日(水)、『日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)』より新たにスケジュール変更の発表があり、『ニューピアホール』(東京・竹芝)の特設会場で行われる予定だった日本最大級のオープン戦『第34回ジャパンオープン』が中止となった。この他『西日本グランプリ(GP-W)第2戦(プールフェローズ 戦)』『第32回大阪クィーンズオープン』『東日本グランプリ(GP-E)第2戦(プールカイザー戦)』の3大会についても、中止となった。

GP-W2は8月21日(土)、ジャパンオープンは9月18日~20(土ー月祝)に開催予定で、大阪クィーンズオープン、GP-E2の2大会が日程調整中の状態だった。

日程調整中だった大阪クィーンズオープン、GP-E2の2大会は、9月以降のスケジュール調整が非常に困難なため、8月21日(土)に開催予定だったGP-W2は、6都府県に発出中の緊急事態宣言が8月31日(火)まで延長されたために中止を決断。9月18日~20(土ー月祝)に開催予定のジャパンオープンは、全国的な感染爆発の状況から、万全な感染予防策を講じて開催することが困難であり、9月以降も緊急事態宣言等の措置がとられることも予想されるため、中止の決断に至ったとのこと。

これでJPBA主催の大会は、現在のところ9月26日(日)の『GP-W3』(愛知・バンクシー戦)から再開予定となっている。状況によっては変更も考えられるため、JPBAからのアナウンスがあり次第お伝えしたい。