ウェブキューズはビリヤードの全てがわかる総合情報サイトです。

  • ホーム
  • > トピックス
  • > コロナ廃業をなくすための『想いの輪』、ビリヤード場にも輪が広がる

コロナ廃業をなくすための『想いの輪』、ビリヤード場にも輪が広がる

2020.05.31

0531ps.jpg

新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受け、接客を伴う多くの企業が休業措置をとり、営業できない状況が続いた。こうした背景から、「コロナ廃業」をなくすために立ち上げられた支援プロジェクトが『想いの輪』。

この支援プロジェクトは、トレーディングカードを取り扱うショッピングサイト『トレッカ.com』を運営する『(株)objection』が運営を行っており、代表の小原順氏の「全国のコロナウイルスで困っている事業者と手を取り合って困難を乗り越えたい」という考えの元立ち上がったもので、現在多くの事業者が登録している。中にはビリヤード場の名前もあり、その支援の輪が広がっている。

このサイトのサービスは大きく分けて2つ。1つが店舗で利用できるサービスの先払い権。もう1つが1口1,000円の寄付だ。このサービスを用いて事業者と利用客をつなげる役割を果たしている。休業を経て掲載を考えているビリヤード場や、「馴染みの店を応援したい」という方は、下記『公式ホームページ』からご確認いただきたい。

ページトップへ