ウェブキューズはビリヤードの全てがわかる総合情報サイトです。

『CBNT』リニューアルは6月4日!

2020.05.26

アーカイブ探訪その1~華の40期生の初対決!~

cbnt26_tn.jpg

ビリヤードCUE’Sが全面プロデュースする、会員制ビリヤード動画専門チャンネル『CBNT』では、これまで日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)が主催する、全日本選手権やジャパンオープンなどのビッグトーナメントや東西グランプリ、女子プロツアーまでの決勝戦を中心に、ビリヤードCUE’Sの企画と連動したハウツーから特別番組までを15年に渡って発信し続けてきました。

この6月4日(木)、現在1400以上の番組を配信しているCBNTが、オフィシャルサイトのリニューアル、新番組シリーズの始動とともリスタートします。それを記念して、今回からシリーズで、皆さんに少しだけ動画を楽しんでいただきながら、お得なキャンペーンなど情報も含み、CBNTの世界を紹介していきます。

その第1回目はCBNTで観ることのできる、日本一を誇る番組アーカイブから、こちらの動画です↓

大井直幸vs土方隼斗、プロデビュー戦で初対決!

この試合は、JPBAの2006年シーズン開幕戦として開催された『第16回関西ナインボールオープン』のベスト32戦。2日間の日程で行われるトーナメントの初日最終試合で、この試合に勝った方がベスト16からスタートする翌日に勝ち残れるという大事なゲーム。

ともにプロデビュー戦となった2人ですが、大井直幸は前年に台湾で行われた『ナインボール世界選手権』でアマチュアとして厳しい予選を突破して本戦出場。一方の土方隼斗も、プロ入り直前の『2005年東日本グランプリ最終戦』で準優勝するなど、今やトッププロとして活躍する2人は、さすがに当時から十分な強さを見せていました。

cbnt26_break.jpg

まだラックシートのない時代(この試合はラックスポットシール)のナインボールですから、現在の公式戦ではすっかり見られなくなった、2人の強烈なフルブレイクあり、基本はイケイケで、今ほど緻密じゃないけど、ビリヤードIQの高いプレーの応酬あり、今見てみても面白い試合となってます。

ちなみにご覧いただいた動画の後ろのテーブルはフィリピン対決で、日本を足場にして世界へ飛び立つ直前のデニス・オルコロさんが、先輩にあたるダンテ・ラザラン(ドンドン)さんを料理中。試合後半にも「あ、あの人は!」みたいなキャラが映り込んできたりしてます。

ということで本日はここまで。引き続きCBNTが誇る日本一のアーカイブに残る、試合はもちろんのこと、その他の激レア番組を紹介していきますので、お楽しみに!

cbnt_logo.jpg
ページトップへ