HOME > トピックス > 今見ておきたい日本のビリヤード!~その1~

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

今見ておきたい日本のビリヤード!~その1~

2020.04.11

【期間限定無料動画】2005年全日本選手権 奥村健vs高橋邦彦

goat11_takahashi.jpg

本日からスタートする、CUE’S200号記念特集連動、日本のビリヤードを語る上では欠かせない奥村健プロと、同時代に活躍したトッププレイヤー達の貴重な試合映像を、CUE’SがプロデュースするインターネットビリヤードTV『CBNT』で配信中の番組の中から、期間限定無料でビリヤードファンの皆さんにお届けする『今見ておきたい日本のビリヤード!』。

ここではCUE’S5月号特集記事『日本のビリヤード!』の中で、奥村プロが「僕のポケットビリヤード史上、一番球が入った」と振り返った2005年の『第38回全日本選手権大会』の試合映像を6試合、2日に1試合のペースで無料配信していきます。

その第1回目は、2005年の『第38回全日本選手権』の中から、奥村プロと、1998年のナインボール世界チャンピオンである高橋邦彦プロが、決勝トーナメントであるベスト32進出をかけて戦った予選勝者3回戦。フォーマットは9ラック先取、勝者ブレイクで、当時は今のようなラックシートではなく、レフェリーが木製のトライアングルラックを使ってラックを組むスタイルとなっています。

試合は序盤から奥村プロがリードする展開で進みますが、互いに意識する存在として国内で常に鎬を削ってきた世界チャンピオン同士が繰り広げる攻防は、全てにおいてスーパーハイレベル。どのラックにも見どころが詰まった一戦です。

こちらの動画は本日より18日(土)までの1週間ご覧いただけます。ビリヤード場で思い切りプレーを楽しむことがなかなか難しい現在の国内の状況ではありますが、奥村プロ、高橋プロ他、トッププロが魅せる魂の込もったビリヤードをぜひお楽しみください!