HOME > トピックス > 西日本グランプリ第4戦は高知で開催!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

西日本グランプリ第4戦は高知で開催!

2019.08.15
@高知県高知市『ザ プール フェローズ』

19gpw3_poster.jpg

8月17日(土)、高知県高知市の『ザ プール フェローズ』にて、『西日本グランプリ第4戦』が行われる(同日の予選は高知市内2会場を併用)。フォーマットはテンボール、予選8ラック、決勝トーナメントが行われるベスト16より7ラック先取。前戦優勝シードとして
杉原匡
、スポンサーシードとして山川英樹がベスト16より出場する。

19gpw3_sugihara.jpg

前戦優勝シード:杉原?

第4戦の注目選手は吉岡正登だ。吉岡は今季2勝(関西オープン、グランプリ第2戦)を上げているだけでなく、7月22日~26日にアメリカ・ラスベガスで行われた『テンボール世界選手権』では初戦から世界で名の通っている強豪選手達を次々と撃破し、日本人では史上2人目となる3位タイ入賞。その功績等がありJPBAの7月ランキングでは2位にランクインし、自身最高位となった。

19jo_yoshioka.jpg

吉岡正登

吉岡以外には5月の『全日本14-1オープン選手権』優勝、『北海道オープン』準優勝の成績を残しているダイナマイトレフティー・川端聡や、3月のグランプリ第1戦優勝、『全日本オープンローテーション選手権』、6月のグランプリ第3戦を準優勝したパーフェクトストローカー・
飯間智也
など、実力者が揃っており熾烈な戦いになることが予想される。

19jo_kawabata2.jpg

川端聡

19gpw3_iima.jpg

飯間智也

今年は第1戦が飯間、第2戦が吉岡、第3戦が杉原と、未だグランプリ2勝目を上げている選手がおらず西日本は群雄割拠の様相を呈している。3名の中から2勝目を上げる選手が現れるのか、それともまた新たな勝者が誕生するのか、そして第4戦はタイトル争いと同時に、チェスクロックの導入、実況・解説入りのライブ映像配信など、前回から様々な試みが行われている西日本グランプリの進化にも注目だ。

JPBAのホームページではエントリーリストが公開されているので気になる方はぜひチェックして頂きたい。