ウェブキューズはビリヤードの全てがわかる総合情報サイトです。

男子ベスト16出揃う!

2019.07.14

第32回ジャパンオープン

jo14_norio.jpg

小川徳郎、昨年覇者を撃破して初のベスト16進出

日本最大のビリヤードオープントーナメントにして、JPBAの2019年シーズン前半戦の大一番『第32回ジャパンオープン』が開幕。男子テンボールの14日(日)は、東京・池袋の『ビリヤード・ロサ』でベスト128からのサバイバトルが行われ、ニューピアホールの舞台に立つ16名が決定した。

jo14_hall.jpg

会場のビリヤード・ロサには朝早くから大勢のギャラリーが詰めかけた

朝一番から詰め掛けた大勢のギャラリーが観戦する中、トップランカーと言えども全く気を抜けない試合が続き、この日の最終回転であるベスト32戦に入ると、盛り上がりも最高潮に達する。

その中でベスト16進出一番乗りを決めたのは、今大会2度の優勝経験を持つアントニオ・リニング。原口俊行を9-2で下して今大会6年連続の特設行きとなった。フィリピン勢ではこの他、ロナート・アルカノが塙圭介を下し、マイケル・フェリシアーノが鈴木清司を完封してベスト16へ進んだ。

jo14_lining.jpg

アントニオ・リニング

JPBA勢では、大井直幸が初戦からギャラリーの注目を集めながら軽快に勝ち上がり、ベスト32戦でも中野雅之アマを問題にせず特設へ。さらにここから世界のトップクラスを相手に渾身のプレーを見せた照屋勝司小川徳郎が躍動。

jo14_ooi.jpg

2年連続で準優勝の大井直幸。2日めも問題なくクリア

照屋は今大会2年連続でベスト4に進出している台湾の呉坤霖を相手に序盤から先行して8-3でリーチ。ここから呉も反撃して6-8まで迫ったが、最後は呉のシュートミスを逃さず冷静に取り切って勝利。自身3年ぶりの特設会場行きを決めた。

jo14_teruya.jpg

照屋勝司

小川のベスト32戦の相手は、ディフェンディンチャンピオンのリー・バン・コルテッザ。ワールドクラスにも臆せぬ落ち着いたプレーで序盤からリードを広げると、テーブルコンディションに苦しむ様子も見えたコルテッザをそのまま9-4と押し切って、初のベスト16進出を果たした。

その他、東日本勢では、’13年、’16年と今大会を2度制している土方隼斗に6-8から逆転勝利を果たしたルーキーの小川立致、赤狩山幸男嶋野聖大が2年連続でベスト16進出。

jo14_rich.jpg

小川立致

さらに、川端聡吉岡正登、ラミル・ガレゴ(フィリピン)との死闘を制した竹中寛の西日本トップ勢も通過を果たした。

jo14_kawabata.jpg

川端聡

jo14_yoshioka.jpg

吉岡正登

jo14_takenaka.jpg

竹中寛

結果、明日15日(月・祝)に決戦の地、ニューピアホール特設会場に登場するのはJPBA勢10名、フィリピン4名、台湾1名、ポーランドから初参戦のヴィクター・ジーリンスキーの16名となった。そして今年は、ベスト32戦に勝ったプレイヤーから翌日の組み合わせ抽選を実施。明日の朝一番に行われるベスト16戦の組み合わせは以下の通りとなった。

小川立致vs大井直幸
川端聡vs羅立文
嶋野聖大vs照屋勝司
吉岡正登vsアントニオ・リニング

赤狩山幸男vsマイケル・フェリシアーノ(フィリピン)
小川徳郎vsLin Da-Li(台湾)
ロナート・アルカノ(フィリピン)vs竹中寛
ダンテ・ラザラン(フィリピン)vsヴィクター・ジーリンスキー(ポーランド)

頂点を競う戦いに向け役者は揃った。いよいよクライマックスを迎える第32回ジャパンオープン。最高峰の戦いを見逃す手はない。

ページトップへ