HOME > トピックス > スリークッション優勝はベトナムのTRAN Quyet Chien

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

スリークッション優勝はベトナムのTRAN Quyet Chien

2019.04.26
『The 10th Asian Championship(第10回アジア選手権大会)』

0426heiai.jpg

スリークッションアジア選手権大会表彰式の様子

キャロム界でアジアNo.1の座を懸けた『The 10th Asian Championship(第10回アジア選手権大会)』がベトナム・ホーチミンにて開催された。これはアジアキャロムビリヤード連盟が公認する国際大会で、各国の代表選手がワンクッション(バンドゲーム)とスリークッションの2種目で競い合う。

0426hall.jpg

会場となったベトナム・ホーチミン

23~24日(火~水)にワンクッション、24~27日(水~土)にスリークッションが執り行われる予定だったが、予定を押して終了したため結果をお届けする。日本代表からは、ワンクッションに界敦康森雄介町田正森陽一郎の4名、スリークッションに界敦康、森雄介、新井達雄梅田竜二小林英明竹島欧の6名が選出されていた。

0426hall3.jpg

会場、外の様子

ワンクッションは、日本人選手が表彰台に上がることは叶わずMa Minh Cam(ベトナム)がSeo Huyn Min(韓国)を100-51で下して優勝を果たした。

0426tonament.jpg

スリークッションの予選グループリーグと決勝トーナメント結果

スリークッションでは、予選リーグを突破したのがベトナム代表と韓国代表のみとなる悔しい結果に終わった。決勝トーナメントに進出した選手は、2018年大会優勝のCho Jae Ho(韓国)や同じく昨年ワンクッション優勝者のNgo Dinh Nai(ベトナム)などの強豪揃い。

0426award.jpg

表彰台左から、準優勝・CHO Myung Woo(韓国)、優勝・TRAN Quyet Chien(ベトナム)、
3位タイ・KANG Dong Koong(韓国)、DO Nguyen Trung Hau(ベトナム)

結果はベトナムのTRAN Quyet Chienと韓国のCHO Myung WooのファイナルをTRAN Quyet Chienが制し、昨年韓国勢に表彰台を独占された雪辱を果たすかたちで開催国ベトナムに優勝トロフィーをもたらした。

0426heiai2.jpg

優勝国・ベトナムの国旗が掲げられる

※写真提供:界敦康