WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2012年) > ビリヤードの世界チャンピオンを目指す小学生

CUE'S最新号

2021年03月号

偶数月4日発売
2021年03月号 2/4発売

詳細を見る

過去のニュース(2012年)

2012.11.30 その他

ビリヤードの世界チャンピオンを目指す小学生

家族の強力なバックアップを受け日々精進!!

神奈川県三浦市に「夢はビリヤードの世界チャンピオン」と語り、必死にビリヤードに取り組んでいる小学校6年生がいる。自衛官の父と専業主婦の母の間に生まれた男の子、林武志君(12)だ(10月1日[月]配信のニュースで少し取り上げていた)。

takeshi4.jpg

夢は世界チャンプ!! 将来有望なビリヤード少年・林武志君

武志君は、小学校3年生の時にハウストーナメントのC級戦に大人達と共に参戦し見事優勝、その後も134名が参加する大規模なB級戦でベスト16まで勝ち上がるなど、さまざまなハウストーナメントなどでの活躍が光る、知る人ぞ知る将来有望なビリヤード少年。

takeshi3.jpg

大人達の中で堂々と球に集中する武志君

彼がビリヤードに初めて触れたのは2歳の時、ビリヤード好きの父・伸高さんがプレーのためにビリヤード場を訪れた際にテーブルで遊ばせていたことがきっかけ。5歳で正規台で初ビリヤードを体験し、そこからビリヤードが大好きになり、現在、世界チャンピオンを目指して訓練中という。

takeshi2.jpg

自宅横に建てられたマイビリヤード場

伸高さんは息子の夢を叶えるため先日、自宅横の敷地にビリヤードスペースを建設し、日々練習に取り組める環境を整えたばかり。建てられた練習場は、テーブルが置いてあるだけの殺風景な空間ではなく、ギャラリー席を設け、内装にもこだわった造りとなっており、本格的なビリヤード場を意識。武志君がビリヤードに集中しやすいような環境を与えている。

takeshi.jpg

自宅のビリヤード場で練習する様子

自身が情熱を持ってビリヤードに取り組んでいることに加え、幼い頃からこれだけのバックアップ態勢の中で継続的に練習を積んで行けば、世界チャンピオンという夢も現実的な目標に変わっていくのではないだろうか。

未来のビリヤード界のホープ・武志君については12月4日(火)発売の『CUE'S』1月号内、福田豊氏監修の「スヌーカーのことは俺に訊け!」と特別付録DVDでも取り上げている。彼のプロフィールや実力の程が気になる方は、ぜひともチェックしてほしい。