WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2012年) > 東内那津未、新世界女王に!

CUE'S最新号

2021年03月号

偶数月4日発売
2021年03月号 2/4発売

詳細を見る

過去のニュース(2012年)

2012.11.23 トーナメント

東内那津未、新世界女王に!

第4回世界レディーススリークション選手権大会

wl3c_23higa02.jpg

優勝の東内那津未


11月21日(水)から本日(23日)まで『霞が関ビル1Fプラザホール』で行われていた『レディース3C世界選手権』。3日間の全日程を終え、16名の熱い戦いが閉幕の時を迎えた。15時10分に始まったファイナルは、16時13分に終了した。東内那津未の涙とともに。

wl3c_23hand.jpg

2人の握手からファイナルが始まった


バンキングに勝って先攻を手にした東内は、序盤から6点ランを2回出すなど、ファイナルの緊張感などお構いなしによく当てていた。一方、追い掛ける西本もランが続くことはなかったがじわじわと追いかけていく。

wl3c_23nishi02.jpg

準優勝の西本優子


しかし、東内がそれで怯むことはなかった。本当に世界戦で初のファイナルなのかと疑いたくなる精神力。19キュー目で東内はワンモアをきっちり当ててゲームオーバー。25-15。この瞬間第4代世界女王の座に東内が就いた。

wl3c_23tro.jpg

表彰式にてUMB会長と東内


ファイナルのテーブルは四方を観客席に囲まれ、椅子席は全て埋まり、立ち見客も出るという満員御礼。その中で、これだけのパフォーマンスを披露できる2人のポテンシャルとプロ魂には敬意を表する。そして、彼女らを含めた6名の日本勢は皆強かった。女子スリークッションの世界で日本はナンバーワンであること、これは疑いようもない事実だ。
〈T.KOBAYASHI(B.D.)〉