WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2018年) > 都道府県対抗戦は今週末

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

過去のニュース(2018年)

2018.05.23 トーナメント

都道府県対抗戦は今週末

第54回都道府県対抗戦

todohuken18_poster.jpg


今年も「都道府県対抗」の季節がやってきた。和歌山県の特設会場「和歌山ビッグホエール」で行われる『都道府県対抗戦』は第54回目を迎える。JAPA(日本アマチュアポケットビリヤード連盟)が主催する今大会は国内で由唯一の団体公式戦だ。JAPAの各都道府県の支部クラブの代表5名がローテーションで日本一を競い合う。

 
todofuken30_hall.jpg

「和歌山ビッグホエール」。最大収容人数の8,500人の大きさを誇る


全国から集る48のチームがまずは予選で4ブロックに分かれ、総当たり戦を行う。チームの総合成績で予選の順位が決まり、各ブロックの1位が決勝でシングルトーナメントを行い日本一が決定される。予選だけで1人当たり11試合こなすことにるので、体力の温存も優勝へのカギとなってくる。

todohuken18_brocks.jpg

予選ブロック組み合わせ


一昨年と昨年は埼玉Aが2連覇を達成している。4月に行われた『第27期球聖戦』で史上最多の6期目となる球聖位の座に就いた喜島安広率いる埼玉Aは、その他のチームメンバーも実力派ばかり。同チームの高橋政章は昨年の大会でハイラン賞を獲得している。3連覇のかかる埼玉Aに注目が集ることは間違いないだろう。

0516_todouhuken_saitama.jpg

昨年優勝時の埼玉A。左から喜島安広、高橋政章、建川雄司、青柳高士、齋藤克幸


『第54回都道府県対抗戦』は5月26日?27日(土・日)、和歌山県和歌山市の『和歌山ビッグホエール』を会場に開催だ。


0527_point.jpg

JAPA公式



写真提供:On the hill!