WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2017年) > アダムエメラルドカップ、界文子が初優勝!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
2022年7月号 6/3発売

詳細を見る

過去のニュース(2017年)

2017.06.29 トーナメント

アダムエメラルドカップ、界文子が初優勝!

第18回レディーススリークッション ADAM EMERALD CUP

0629_1.jpg

『ビリヤード小林』


6月25日(日)、『ビリヤード小林』で『第18回レディーススリークッション ADAM EMERALD CUP』が開催され、界文子が大会初優勝を果たした。準優勝は林奈美子。大会には24名(内、プロ5名)が参加した。

0629_7.jpg

界文子


0629_8.jpg

林奈美子


この大会は『株式会社アダムジャパン』が主催しており、女性スリークッションプレイヤーなら誰でも参加できるもの。フォーマットは5点2セット先取の予選ダブル・イリミネーションで、アマチュアにも親しみやすい形式になっている。また、大会開催に併せて、今年の『第7回世界レディーススリークッション選手権大会』で優勝した肥田緒里恵に花束の贈呈が行われた。

0629_4.jpg

左:肥田緒里恵、右:アダムジャパン(大会スポンサー)・関根沙織社長


界文子と林奈美子は、両者ともに予選の勝者最終戦で一度敗れはしたものの、敗者最終戦に勝ち決勝シングルに進出。界は予選では0-2で敗れている西多智加アマ(ルパン)と、準決勝で再び対戦。第1セットを取られたものの逆転勝利(1-5、5-3、5-3)で雪辱し、決勝進出した。

対する林はベスト8で、前年度優勝シードの肥田緒里恵を2-1(0-5、5-2、5-3)で下して準決勝へ。準決勝では相手の小林諒子アマ(Kobby's)が開始からいきなり5点ランを出し、林は1度も撞けずに第1セットを先取されるも、第2、第3セットを5-1、5-4で取り、接戦を制して決勝戦に進出。

0629_5.jpg

3位タイ:西多智加アマ(ルパン)


0629_6.jpg

3位タイ:小林諒子アマ(Kobby's)


界vs林の決勝戦は、界が5-1で第1セットを先取。第2セットは10イニング目に林が5点目を当てて、3-5、勝負はフルセットに。そして最終第3セット、界が3点のランを出し、3イニングで試合を決め、嬉しい大会初優勝を手にした。

0629_2.jpg


0629_3.jpg


表彰式後にはアダムジャパンによる恒例のジャンケン大会も行われ、アダムエメラルドカップは無事、盛況のうちに閉幕した。

0629_9.jpg


写真提供/JPBF,Carom Seminar