WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2016年) > 最年少の新女流球聖誕生!


Warning: include(/home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news/leftcolumn.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news_archive2016/2016/04/10143.php on line 34

Warning: include(): Failed opening '/home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news/leftcolumn.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.4.28/data/pear') in /home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news_archive2016/2016/04/10143.php on line 34

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

過去のニュース(2016年)

2016.04.17 トーナメント

最年少の新女流球聖誕生!

第8期女流球聖戦・挑戦者決定戦

joryu17_winner.jpg

平口結貴、2度目の佐原弘子への挑戦で頂点へ

『第8回女流球聖位決定戦』は、昨日のレポートでお伝えした通り、2年ぶり2度目の挑戦権を得た北海道の平口結貴が、既に在位4期を数える不動のアマ女王・佐原弘子に挑んだ。結果、佐原の長期政権は4年でピリオドを打ち、平口が第8期にして史上4人目となる女流球聖位の座についた。

joryu17_mag.jpg

会場となった『マグ・スミノエ』

朝の10時に『マグ・スミノエ』(大阪市住之江区)で幕を上げた2人の闘いは、非常に引き締まった内容でスタートした。佐原にさほどミスがなかったにも関わらず、平口がそれを上回る精度の高さと追い風を受けて7-1で第1セットを先取。ここから2セット連続でヒルヒルとなった熱戦を、どちらも平口が制して3-0。しかし続く第4セットは三度フルゲームに突入するも、ここは佐原が技ありの取り切りで締めて1セットを返した。

joryu17_hall.jpg

2人の戦いはハイレベルなものとなった

このあたりから「(2年前と同様に)フルセットまでもつれ込むのでは?」という予感をさせた。この大会で定番となった実況解説入りのインターネット中継には、昨年と同じ実況に山崎彫科さん、解説には同店所属の大井由希子プロと谷山和子プロ(ともにJPBA)、さらには原口さゆり現東海女流球聖(ARC)も解説に迎えて放送された。そこでも佐原がこのタイミングで仕上がったと見て、そのレベルの高さにあらためて感心するコメントも交わされていた。

joryu17_saharaw.jpg

安定感あるプレーを見せた佐原

だが、佐原は安定感と裏腹にスコアを伸ばすことができず、平口が先行してそれを佐原が追いかける展開に。中盤からはさすがに勝利が見えたか、平口にらしくないミスも。だが持ちを切り替えた様子の平口が基本に戻った堅実なプレーを披露してゲームボールにたどり着き、これを沈めた。平口新女流球聖が誕生した瞬間だった。

joryu17_hokkaido.jpg

最年少の新女流球聖が誕生

年々安定感を増してきた佐原。今回も勢いある平口を相手に、堂々と振る舞い、相手のナイスショットに拍手を贈る姿勢を貫いていた。終了後も真っ先に応援団への挨拶をこなし、記念写真の数々にも、すべて笑顔で応じていた。ブレることのないこの姿勢は、敗れてなおアマ女王の威厳を増したといったところ。

joryu17_chiba.jpg

4期に渡り防衛を続けた佐原。応援団と共に堂々と戦った

そして若干18歳で女流球聖を襲名した平口。昨日からの2日間だけでも、自分のミスへの反省を繰り返しながら、等身大の自分と向き合いながらたどり着いた頂上。このタイトル奪取は、更なる飛躍に向けた号砲となることだろう。天然キャラで話題と笑いに事欠かない新女流球聖。もちろんその実力は折り紙付き。

Akira TAKATA