WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2015年) > 強者が極めし「14-1」。この週末に決戦!


Warning: include(/home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news/leftcolumn.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news_archive2015/2015/05/10582.php on line 34

Warning: include(): Failed opening '/home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news/leftcolumn.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.4.28/data/pear') in /home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news_archive2015/2015/05/10582.php on line 34

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

過去のニュース(2015年)

2015.05.22 トーナメント

強者が極めし「14-1」。この週末に決戦!

第43回全日本14-1選手権大会

141pos.jpg


5月23日(土)、5月24日(日)の2日間に渡って国内唯一の14-1が種目となったJPBA公式戦、『第43回全日本14-1選手権大会』が東京都豊島区の『ビリヤード・ロサ』にて開催される(土曜日の予選日は東京都渋谷区の『CUE』でも行われる)。

141f_hall03.jpg

決勝会場は東京・池袋の『ビリヤード・ロサ』


予選は80点先取のダブル・イリミーションにて行われ、それを突破した選手でのシングル・イリミネーショントーナメントが100点先取。そしてそれらを勝ち抜いた16名の選手が決勝日に集うことになる。

この14-1は現在の国内での主要な種目であるナインボールやテンボールとはずいぶん趣向が異なる競技だ。エニーボールゲームで、1つの的球をシュートするごとに1点が加算されていくというシンプルなゲーム。しかしながらその競技性は非常に高く、熱心な愛好家達は日本各地で「14-1研究会」を開催している。

141f_yoshioka1.jpg

昨年の覇者は吉岡正登


昨年は吉岡正登がファイナルで早瀬優治を下してプロ2勝目にして全日本タイトル獲得を果たした。吉岡は14-1を思い入れがあってよく練習するゲームとして挙げており、競技に長けているプレイヤーの1人。

15pplo_1.jpg

優勝は過去2回の羅立文。今年は『東日本グランプリ第2戦』を制している


吉岡以外の近年の優勝者を挙げると、2010年の初優勝から11年準優勝、12年優勝という結果を残している羅立文、過去に4度の優勝を果たしている(直近では13年)高橋邦彦、09年の福本宇太郎らが挙げられる。いずれの選手も技術力が高く14-1をよく研究しているプレイヤーばかりだ。その細やかな14-1テクニックが試合では見られることだろう。

15westgp2_ooi.jpg

そして、公式戦4連勝のかかる大井直幸


またもう1つ、注目しておきたいのが大井直幸。大井は現在『北海道オープン』、『西日本グランプリ第2戦』、『西日本グランプリ第3戦』と公式戦3連勝中だ。昨年の同大会は『男子世界ナインボール選手権』の日程とのバッティングがあったため不出場となっており、過去の大会を遡っても最高位は3位タイ。大井が優勝したことのない数少ない大会だ。大会初優勝、公式戦4連勝も掛かる1戦となる。

大会は各日・各会場ともに10時半よりスタートとなる。テンボールやナインボールなどの普段の試合とは一味違う、トッププレイヤー達の卓越した技術を間近に見られるこの大会を逃すべくもない。