WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2015年) > 言葉を失う大井直幸の絶対王者感


Warning: include(/home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news/leftcolumn.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news_archive2015/2015/05/10575.php on line 34

Warning: include(): Failed opening '/home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news/leftcolumn.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.4.28/data/pear') in /home/xs373083/billiards-cues.jp/public_html/news_archive2015/2015/05/10575.php on line 34

CUE'S最新号


偶数月4日発売
ビリヤード・キューズ2022年9月号
2022年8月4日 発売

詳細を見る

過去のニュース(2015年)

2015.05.18 トーナメント

言葉を失う大井直幸の絶対王者感

西日本グランプリ第3戦

gpw317_winner.jpg

北海道オープン、西日本グランプリ第2戦に続き公式戦3連勝!


5月17日(日)に大阪の『玉出ビリヤードACE』において『西日本グランプリ第3戦』が開催され、各出場選手の思惑とプライドが交錯する熱戦が繰り広げられ、終わってみれば「いつもの人」が優勝を飾った。この日、好調とは程遠い様子と見られていた大井直幸だったが、勝負所で相手のミスに救われたり、随所でポテンシャルの高さを披露したりと、忙しいながらも収穫ある1日に。

gpw317_hall.jpg

決勝会場となった『玉出ビリヤードACE』


ベスト8に進出を果たしたのは枠順に大井、北谷好宏福本宇太郎竹中寛田中雅明川端聡浅野正人原口俊行。最近、大井の名ばかりが出てくるが、西日本の層は決して薄くはないと気付かされる。そんな実力派の名が並んでいる。ここでベスト16では早々に完封勝ちを収めていた北谷と竹中がそれぞれ大井と福本に敗れて姿を消す。また川端と原口はともに7-4のスコアで準決勝へと進んだ。

gpw317_kawabata.jpg

川端は原口との準決勝で敗れ3位タイ


この時点で例のイニシャルでの構成はO、F、K、H。福本と原口は仕上がりの点でも良さそうで、2人のファイナルも予想できる状態。ここで福本は追い上げて、原口は追い付かれて、どちらのテーブルもヒルヒルに突入。原口は川端のブレイクノーインから気迫のランアウトでGPでは初めての決勝戦進出を決めた。一方の福本はブレイク2個インながら取り出しの突破口がなく、大井をセーフティ戦へ誘い、主導権を握ったかに見えたのだが、大井が球の神様に選ばれたのか、2番ジャンプショットを皮切りに6球を取り切って2戦連続の決勝戦へ駒を進めた。

gpw317_fukumoto.jpg

もう一歩の所まで大井を追い詰めた福本宇太郎は3位タイ


ファイナルは3-0、4-2と原口先行でゲームは折り返す。だが、万全ではなくとも大井のポテンシャルは高い。大井は何度も首を傾げるものの、結果として取り切ってポイントを重ね、4-4のイーブンに戻すと、ここから原口が迎えたチャンスはクッション合戦から得た1度のみ。この取り切りでトラブルを壊した後の球を意を決して攻めた球が外れて万事休す。終わってみれば大井は不調というよりは「ちょっと手球が合わないかな?」くらいの感じでランの山を築いていた。ちなみに最終ラックのマスワリは1分43秒。

gpw317_haraguchi.jpg

グランプリ初ファイナルの原口俊行が準優勝


こうして大井がGP2連勝で、チームTKOのGP連勝記録は3つのシーズンをまたいで10をマーク。また大井の直近国内公式戦10試合を振り返ると、優勝6回、準優勝2回、3位タイ1回、9位タイ1回。言葉が出てこないので今日の記事はここまでとさせていただきたい。

Akira TAKATA