WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2014年) > 土方隼斗&田中雅明、日本ペアが出陣!

CUE'S最新号

2020年11月号

偶数月4日発売
2020年11月号 10/2発売

詳細を見る

過去のニュース(2014年)

2014.09.23 トーナメント

土方隼斗&田中雅明、日本ペアが出陣!

2014 World Cup of Pool

wcop_logo.jpg

9月23日、ペアマッチの祭典、『2014 World Cup of Pool』がスタートする。今年の開催地はイギリス南部の港町、ポーツマス。伝統のイギリス海軍の根拠地だ。イギリスでの開催は初年度と昨年に続き3度目となる。

wcop_japan.jpg

今年の日本ペアは田中雅明(左)&土方隼斗

今年の日本チームは土方隼斗田中雅明。土方は09年、田中は06年に次いで2度目の出場となり、当時のパートナーは共に川端聡だった。日本初戦の対戦相手はロシアで、メンバーはコンスタンティン・ステファノフとルスラン・チナコフ。正直なところ、かなりの強敵と言っていい。日本 vs ロシアは日本時間24日の深夜2時のスタートとなる。8時間の時差がある現地では23日18時のスタートだ(トーナメント表はこちら)。

wcop_outside.jpg

会場となる『Mountbatten Leisure Centre』

2006年にスタートした『World Cup of Pool』も今年で9回目を迎え、ナインボールペアマッチの世界一決定戦として、すっかりビリヤード界に定着したようだ。32チームによるシングルトーナメント、優勝賞金6万ドルという大会スタイルは第1回から変わっていない。

wcop_hall.jpg

会場内はすでに準備万端。ペアマッチの祭典がいよいよ始まる

これまでの優勝国を国別で見ると、フィリピンが3回、中国が2回、アメリカ、ドイツ、フィンランドが各1回となっている。フィリピンは06年と、初マニラ開催となった09年はエフレン・レイズフランシスコ・ブスタマンテの"レジェンドペア"で優勝しているが、昨年はデニス・オルコロリー・ヴァン・コルテッザで勝っている。今年ももちろんオルコロ&コルテッザで参戦だ。他ではドイツがラルフ・スーケートースティン・ホーマンの11年優勝コンビでエントリー。今年のナインボール世界チャンピオン、ニールス・フェイエンニック・ヴァンデンバーグとのコンビで参戦だ。また、開催国イングランドは、ダレン・アプルトンカール・ボーイズダリル・ピーチクリス・メリングの2チームで地元優勝を目指す。

wcop_2013.jpg

昨年の優勝ペアはオルコロ&コルテッザ(写真提供/Matchroom Sport)

日本はこれまで、07年に3位タイ(大井直幸&川端聡)、08年に5位タイ(大井直幸&川端聡)、13年に5位タイ(大井直幸&羅立文)と上位に食い込む成績を残している。果たして今年の日本チームはどこまで勝ち上がれるか?初戦に勝てば、ベスト16はアール・ストリックランドシェーン・バン・ボーニングのアメリカだ。土方&田中の活躍に期待したい。決勝は9月28日に行われる。

On the hill!