WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2013年) > 肥田緒里恵、連覇で通算13度目の全日本制覇!

CUE'S最新号

2020年09月号

偶数月4日発売
2020年09月号 6/4発売

詳細を見る

過去のニュース(2013年)

2013.08.27 トーナメント

肥田緒里恵、連覇で通算13度目の全日本制覇!

第20回全日本レディーススリークッション選手権大会

alj3_hida_tro.jpg

大会連覇を達成した肥田緒里恵


8月25日(日)、東京都中野区の『Kobby's Billiards』(コビービリヤード)で『第20回全日本レディーススリークッション選手権大会』が開催され、肥田緒里恵が昨年に続く大会連覇を達成した。

ajl3_hall.jpg

会場となった東京都中野区の『Kobby's Billiards』


今年の出場者は、肥田緒里恵(前年度選手権者)、東内那津未(世界選手権者シード)、東日本枠より、西本優子界文子林奈美子(すべて日本プロビリヤード連盟〈JPBF〉)、小林諒子(アマ)、そして、西日本枠からは佐野清子(アマ)が出場の予定だったが、欠場のため肥田一美(JPBF)が繰り上がりとなり、JPBF所属のプロ7名とアマチュア1名の計8名となった。

ajl3_all.jpg

大会全出場者。左から福本、小林、西本、東内、肥田一美、林、界、肥田緒里恵


大会はまず、8名が2組×4名に分かれ、25点ゲームで戦うリーグ戦からスタート。各組の上位2名が決勝トーナメントに進むフォーマットの中、A組では、界文子と引き分けた他、林、肥田一美に勝利して2勝1分けの肥田緒里恵が1位通過。2勝1敗の林が2位で決勝トーナメントに進んだ。

ajl3_nishimoto.jpg

順位決定戦で東内を破り3位となった西本優子


B組は3戦全勝(アベレージ1.013)の西本が一人抜け出した形となり、東内、福本、小林が1勝2敗で並ぶ展開となったが、アベレージ差で現世界女王の東内が2位で予選を突破した。

ajl3_hayashi.jpg

準優勝の林奈美子


肥田緒里恵vs東内、西本vs林の対戦となった準決勝。肥田は終始試合を優勢に進めて24キュー・25-8で東内に勝利。西本優勢かに思われた一戦は、西本が先行する展開の中、林がしっかり追撃し、34キュー・25-20で見事な逆転勝利を収めた。

ajl3_hida.jpg

レベルアップ著しい日本女子3Cの中、肥田は改めて女王としての強さを見せ付けた


大会連覇がかかる肥田と大会初制覇を狙う林の決勝戦。序盤から7点のランを見せるなど11-5とペースを掴んだ林に対して、肥田は慌てることなく14-14に追い付く。するとここからは主導権を渡さず林を突き放して22キュー・25-16でフィニッシュ。自身13度目となる全日本タイトルを手にした。

Photo by T.KOBAYASHI(B.D.)