WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2013年) > 参加国多数! ビッグマッチ迫る

CUE'S最新号

2020年09月号

偶数月4日発売
2020年09月号 6/4発売

詳細を見る

過去のニュース(2013年)

2013.08.29 トーナメント

参加国多数! ビッグマッチ迫る

第24回スリークッションジャパンカップ

jc_poster.jpg


2013年国内スリークッション戦線で、一番レベルの高い試合となるのではないだろうか。週末の土日(8/31&9/1)、東京・新大久保の『ビリヤード 小林』において、『第24回スリークッションジャパンカップ』が行われる。

jc_sanchez.jpg

ダニエル・サンチェスは今年も参戦


アナウンスされている出場予定選手がなかなかに強烈だ。「スペインの至宝」ダニエル・サンチェスを始め、韓国からは昨年度覇者の金京律、李忠馥らのトップ選手達が来日。さらには、ベトナムのトッププレイヤーであるドン・アンブーともう1選手、そしてそして、まだ見ぬ中国のプレイヤーも参戦するという。

jc_kim.jpg

昨年の覇者は韓国の金京律


迎え撃つ日本勢は、エースの梅田竜二、ベテランの新井達雄、昨年度の全日本選手権者・竹島欧(以上JPBF)が、ファイナルステージ(ベスト16)にシードされている。もちろん今年の全日本選手権で初優勝を遂げた東北の雄、船木耕司(JPBF)も、虎視眈々ともう一つのビッグタイトル獲得の機会をうかがっている。諸外国勢は確かに強力であり、近年はタイトルが海外に流出し続けているが、是が非でも今年は日本人の新チャンピオン誕生を期待したいところだ。

jc_umeda.jpg

昨年準優勝の梅田竜二


本大会の会場は昨年までは横浜の『メリディアン』だった。しかし、同店が惜しまれながら閉店したため『小林』が使われることになった。店内には観客席用のひな壇も設営される予定であり、着々とビッグゲーム開催の準備が進んでいる。試合形式は30点ゲームのシングルトーナメント。トッププロ達にとってはかなり緊迫感のあるショートゲームと言えるだろう。関東圏にお住まいのビリヤードファンにはぜひ会場での観戦をお勧めしたい(※観戦料は各日1,500円で、両日通し券が2,500円)。

jc_hall.jpg

会場となるのは『ビリヤード小林』(写真は今年同店で開催された『小森メモリアル』)


国際マッチにふさわしい顔ぶれが揃っている今年のジャパンカップ。今年、あの大きな優勝カップを手にするのは誰だろうか。間もなく開幕だ。

T.KOBAYASHI(B.D.)