ナインボールバンク

どんなゲーム?

ラックの形はナインボールと同じですが、ルールは全く別物で高いスキルが必要なゲームです。手球を的球に当てて直接ポケットに入れる、ポケットビリヤードの基本となる「シュート」は得点になりません。その他、コンビネーションショット、キャノンショット、キスショットも認められず、全ての的球をバンクショットのみでポケットしていかなければなりません。

ゲームの基本ルール

■使用するボール

1番~9番ボールまでの的球9個と手球。

■ラックの組み方

全て任意の位置で構いません(図1)が、通常のナインボールのラックを組むプレイヤーがほとんどです。


図1

■ゲームの目的

1ラックの内に、相手より先に5個の的球をバンクショットでポケットに入れる。

■基本ルールのポイント

全ての的球が1個1点で、ブレイクショットを除いてコールショット(図2)。


図2

ゲームの流れと勝敗

Step1:対戦形式と順番を決める

1ラックの内に5点を獲得したプレイヤーが1ポイント獲得して1ラック(1ゲーム)が終了となるため、あらかじめ3ラック(ゲーム)先取や5ラック先取(プレイヤーはこれを「サンサキ」「ゴサキ」などと省略したりします)のように対戦形式を決めます。その後バンキングで先攻・後攻を決めてゲームスタートです(図3)。


図3

実力差がある場合には「自分5-3相手」などのように、獲得ラック数でハンデを付けたり、「自分は5点で1ラック獲得、相手は3点で1ラック獲得」というようにボールの個数でハンデを付ける方法もあります。

Step2:ブレイクショットからゲームの終了まで

先攻のプレイヤーがキッチン内の任意の位置からブレイクショットを行ってゲーム開始(図4)。ラックの先頭にある的球に手球が当たり、的球の内の少なくとも1個がサイドポケットを結んだラインを超えることがセーフとなるブレイクの条件で、これを満たさなかった場合は、相手はそのままの状態でプレーを引き継ぐか、再ブレイクを要求するかを選択できます。


図4

ナインボールバンクは、ブレイクショットのみコールショットではありません。ブレイクショット時にファウルすることなく、9個の的球の内のいずれかのボールがポケットに入ればそのままプレーを続行します。ただしブレイクで入った的球は得点にはならず、ターンの交代時にフットスポットに戻します。ファウル、もしくはどの的球もポケットに入らなかった場合はターン交代で、その後は互いのターンを繰り返しながら、バンクショットのみで的球をポケットしていきます(図5)。


図5

このサイクルを繰り返して先に5個の的球をポケットしたプレイヤーが1ラック獲得となります。

楽しく遊ぶためのルールのポイント

Foul1:ファウルの種類

ポケットビリヤード共通のファウル(※)の他、ナインボールバンクでは、ショットされた手球が、どの的球に当たらなかった場合(ノーヒット)、ショットされた手球がいずれかの的球に当たった後、手球、的球のどちらもがクッションに届かなかった場合(ノークッション)がファウルとなります(図6)。


図6

Foul2:ファウルした場合

ナインボールバンクでファウルを犯した場合、全てのケースで1点減点となった上で、すでにポケットされている的球を1個フットスポットに戻します(図7)。ブレイクショットを含めてスクラッチと手球場外の場合は、相手プレイヤーは手球をキッチン内の任意の位置に置いてプレーを再開します。それ以外のファウルの場合は全て現状の配置からプレーを再開します。


図7

ブレイクショットでのファウルを含め、まだ1個もポケットされていない時点でファウルを犯した場合には、ファウル時に-1点を記録しておき、その後に得点してターンを交代する時に的球を1個フットスポットに戻します。

Original Rule1:無効となるシュート

クッションを使ったショットでも、的球に最も近いクッションを使い、かつそのクッションに沿ったポケットに入れるシュート、バンクショットになっていても、最終的に他の的球に当たった後にポケットされた場合は無効となります(図8)。


図8

Original Rule2:同時に他の的球がポケットされた場合

プレー中に同時に2個以上の的球がポケットされた場合、ショット時にファウルがなくコール通りに的球が入っていれば、そのままプレーを続け、ターンの交代時にコールされてポケットされた以外の的球をフットスポットに戻します。コール通りに的球がポケットされなかった場合には、的球をフットスポットに戻し、相手とターンを交代します。

ポケットビリヤード共通のファウル

  1. スクラッチ
    ショットした手球が、直接または何らかの的球に当たった後にポケットに落ちてしまうファウル。ゲームの種類によって、その後の処理は変わってきます。
  2. 球触り
    ショットの際に手球に触れて良いのはキュー先に付いている革製のタップだけ。それ以外の部分が触れるとファウルになります。また的球に触れた場合もファウルとなります。
  3. 球場外
    ショットされた手球がテーブル外に飛び出した場合、ショットによって的球がテーブル外に飛び出した場合にファウルとなります。
  4. 2度撞き
    ワンショットの間にタップが手球に触れて良いのは一度だけです。一旦ショットされた手球を2度以上撞くとファウルになります。
  5. 両足が床から離れる
    ショットの瞬間は、必ずどちらか片方の足が、つま先だけでも地面に触れていなければなりません。例えばテーブルの上に腰掛け、両足が宙に浮いた状態でショットするとファウルとなります。
  6. 目印を付ける
    ショットをする時に、自分が狙いたい場所を特定するために、何らかの目印を置くとファウルとなります。

-

≪ 前のルールページ

テンボール

  • 錦タップ$
  • ABM$
  • UK$
  • Predator$
  • Miki$
  • JDI(プレミアセブン)$
  • JDI$
  • ニューアート$
  • 福田BOOK$
  • 吉岡正登DVD$
  • 電子書籍雑誌$
  • クイズ50$
  • 福田豊DVD$
  • 大井直幸DVD$