ウェブキューズはビリヤードの全てがわかる総合情報サイトです。

  • ホーム
  • > お悩み
  • > Q.角度のあるボールを狙う方法がよくわかりません

Q.角度のあるボールを狙う方法がよくわかりません

2024.06.07

シュートに関するお悩み(ナインボールさん・ビギナー)

●A.イメージボールの原理を確認して、さらにイメージしやすい方法も試してみましょう。

角度のあるシュートを成功させるためには、「正しく狙いを定めて、そこに向けて正確にショットできること」が必要です。その第一歩が、まずはイメージボールの原理と、それを使った狙いの定め方を知っておくことです。
角度のある上のような配置の場合、まず入れようとするポケットの中心と的球の中心を結ぶシュートラインをイメージします。そして、シュートライン上で的球の真後ろの場所に、想像上のボールを並べます。これがイメージボールで、実際に手球をこの位置にショットできれば的球はシュートライン上を走って行き、ポケットされることになります

イメージボールの原理を使って、それをさらにイメージしやすくするための2つの狙い方を紹介しておきましょう。まず一つめが、左上の「パイプイメージ」です。これは①のシュートライン上で的球がポケットに向かっていくパイプをイメージして、同様に手球から的球の真後ろにあるイメージボールまでのパイプをイメージして狙いを定める方法です。ボールの中心線ではなく、パイプ状のイメージを使うことで、ボールの両端を含めてイメージしやすくなる方法です。ちなみに写真のように手球が的球に当たった後に走るコースもパイプ状にイメージしてショットするとシュート後の手球のコースも覚えやすくなります。

もう一つの「レールイメージ」も同じように、イメージボールをより明確に描くための補足的な方法です。右上のように、的球の端からポケットに向けて沿わせるようにキューを置いて仮想のレール作ります。後はこれを手がかりにして、的球の真後ろで、同じようにキューのラインに沿っているイメージボールを想像します。

ページトップへ