ウェブキューズはビリヤードの全てがわかる総合情報サイトです。

  • ホーム
  • > お悩み
  • > Q.ショットする時の力加減がなかなか思い通りにいきません。

Q.ショットする時の力加減がなかなか思い通りにいきません。

2024.06.07

ストロークに関するお悩み(原田信幸さん・Cクラス)

●A.まずはキューの「振り幅」を変えることで自分の基準を作ってみましょう。

ビリヤードをプレーする時には、配置やシチュエーションによって、ハードショットからやさしいタッチのショットまでを使い分けていかなければなりません。プレー経験が豊富な中上級者は自分なりの基準を作って弱〜強までのバリエーションを持っていますが、特に初級者にとっては「バンキングの力加減で」と突然言われてもなかなかできないものです。

ストロークの基本は、キューとグリップした右手の重さを自然にキュー先に伝えるように、過度に力むことなく、テイクバックの頂点からこの重みを利用して一気にスパッと撞き抜くことです。その上でショットスピードを調整するためには、上の写真のように、弱いショットなら振り幅を小さく、強いショットなら振り幅を大きく取るようにします。実際にショットする時だけではなく、ウォーミングアップストロークの段階から、ショットスピードに応じて、強く撞くならテイクバックを大きく、弱く撞くなら小さくして、他のプレイヤーから見てもどのくらいのショットスピードで撞くのかがわかるように心掛けてみましょう。また、ショット時のテイクバックとフォロースルーのバランスは、3:2を大体の目安にすると良いでしょう。

ページトップへ