WEB CUE'Sトップ > スキルアップ > No.07 ナインボールのブレイク

スキルアップ

スキルアップ

衝撃撞画 【一覧】

No.07 ナインボールのブレイク

speed_key.jpg

ビリヤードはテーブル上で展開する物理学。通常では見る事のできないボールの動きやビリヤードの様々な現象をハイスピードカメラで検証していきます。

今回の映像は、ナインボールでのブレイク時に、手球がヒットした後の的球がどのように散っていくかを検証したもの。まず最初の映像は、手球を画面右の長クッション際に置いてショットしたサイドブレイク。手球は1番ボールのやや右側に当たった後、一旦右の長クッションに入り、テーブルのセンター方向に走って行った。この時ウィングボール(菱形のラックの中で、ブレイクする側の頂点にあるボール)の2番はキレイにポケットされている。次の映像は、テーブルのセンターからできるだけ1番ボールの真正面に当てたブレイク。若干1番の右側には当たっているが、菱形のラックがほぼ左右対称に散っていくのがわかる。この時、ウィングボールの2番と4番は共に左右の長クッションに入り、ポケットされることはない。

撮影・監修:須藤路久

ビリヤード・インストラクターとしてこれまでに初心者を中心に延べ1000人を超えるプレイヤーを指導。その経験から得られた、有効性が確認されたビリヤードのエッセンスを、できるだけわかりやすい言葉で解説する、本誌の「Main Billiards Analyzer」。

関連リンク