WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2012年) > トッププロや「神様」を拝めるジャパンオープン

カテゴリー

アーカイブ

過去のニュース(2012年)

2012.05.31 トーナメント

トッププロや「神様」を拝めるジャパンオープン

見たい、応援したい選手がいる会場へ行こう!

259.jpg

第25回ジャパンオープンポスター

6月2日〜3日(土・日)に開催される『第25回ジャパンオープン(G1)』。2日の男子予選は東京と神奈川の各地で行われるが、会場別のエントリー一覧も既に発表されている。

近年のジャパンオープンでは、日本人選手の優勝が久しく見られていないが、タイトル奪還のため今年も数多くの日本のトッププロ達が覇を争う。現ナインボール世界チャンピオンの赤狩山幸男は新宿区『風林会館』、常勝・大井直幸は大田区『キャノンボール大森』で、栗林達は『サンビリ荻窪』で予選突破を目指す。

akagariyama.jpg

現ナインボール世界チャンピオン・赤狩山幸男

今大会は例年に比べ郭柏成1人と、台湾勢の参戦が少ない傾向にある一方で、フィリピンからは昨年大会で準優勝だった「神様」ことエフレン・レイズ(フィリピン/会場は豊島区『ビリヤード・ロサ』)、他にもリー・バン・コルテッザアントニオ・リニングなど、日本でもよく知られた強豪選手も多数出場する。

一方の女子は、1会場での一斉開催のため、千葉県市川市『大慶園』にて参加全選手の試合を観戦できる。河原千尋梶谷景美大井由希子といったお馴染みの強豪選手の他、台湾から久々に参戦したジェニファー・チェン、第4期女流球聖・佐原弘子らの試合にも注目したい。

もちろん、ジャパンオープンは日本最大級のオープン戦ということもあって、腕に自信を持つ多くのアマチュア選手も数多く参戦。その中から、有名プロを倒して一躍脚光を浴びるような選手が登場する可能性も大いに考えられる。

開催2日間のジャパンオープンの模様は、本サイトや『twitter』などを通じて、充実の内容でお伝えして行きます。開催日当日、現地へ足を運べない方、他会場の情報などが知りたい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

関連リンク