WEB CUE'Sトップ > トピックス > 『世界ジュニア』で織田が3位、谷が5位の成績を残す

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2021.10.12 トーナメント

『世界ジュニア』で織田が3位、谷が5位の成績を残す

同時開催のオーストリアオープンでは、カチ、フィッシャーが優勝

image007.jpeg

世界ジュニア優勝者。左からU-19/モリッツ・ニューハウゼン(ドイツ)、女子/レナ・プリムス(オーストリア)、U-17/ドミニク・ジャスタザブ(ポーランド)


10月6日〜9日(水ー土)の期間で、オーストリアのクラーゲンフルトで『オーストリアオープン』(男女)、『ナインボール世界ジュニア選手権』(U19、U17、女子)が開催され、日本からは世界ジュニアのU17に織田賢人、女子に谷みいなが出場し、織田が3位、谷が5位の成績を収めた。

●U-17(18名参加、ベスト8までダブル・7ラック先取、準々決勝からシングル・9ラック先取)
優勝:ドミニク・ジャスタザブ(ポーランド)
準優勝:ヤニック・ポンガーズ(オランダ)
3位:織田賢人、リク・ロンパネン(フィンランド)

織田は初戦勝利後、2回戦で敗れて敗者最終へ。敗者最終ではヒルヒルの熱戦を勝ち抜いてシングルトーナメントのベスト8に進出。そこでシルバン・スターカーマン(スイス)に9−6で勝利するも、準決勝でドミニク・ジャスタザブ(ポーランド)に7−9で惜敗し、3位タイの結果。決勝は、ジャスタザブが9−2で勝利し、優勝を飾った。

●女子(17名参加、ベスト8までダブル・7ラック先取、準々決勝からシングル・9ラック先取)
優勝:レナ・プリムス(オーストリア)
準優勝:キム・ヒリム(韓国)
3位: サラ・カペラー(オーストリア)、ドミニカ・パウェルチク(ポーランド)

谷も、織田と同様に初戦勝利後、2回戦で敗れて敗者最終へ。そこを7−5で切り抜けてベスト8に進出するも、キム・ヒリム(韓国)に6−9敗れ、5位タイ。決勝は谷に勝利したキムとレナ・プリムス(オーストリア)の対戦。9−7でプリムスが勝利し、優勝を果たした。

●U-19(10名参加、ベスト4までダブル・9ラック先取、準決勝からシングル・11ラック先取)
優勝:モリッツ・ニューハウゼン(ドイツ)
準優勝:シモン・クラル(ポーランド)
3位: アンドレ・エミル・ギャングフロット(ノルウェー)、ライリー・アドキンス(アメリカ)

U-19は他の2部門より長いフォーマット。優勝したモリッツ・ニューハウゼン(ドイツ)は、初戦から負けなしでシングルトーナメントのベスト4に進出。準決勝、決勝を11−9のタイトなスコアで勝利し、戴冠となった。

244977440_884466958866537_2263335334937952885_n.jpeg


なお、同時開催されたオーストリアオープンには男子59名、女子20名が参加。日本からの出場はなく、男子では、今年のテンボール世界王者・エクレント・カチ(アルバニア)、女子はケリー・フィッシャー(イギリス)が優勝を飾った。

試合結果、トーナメント表、選手情報はこちら

写真提供/AZBILLIARDS.COMPredator Pro Billiard Series