WEB CUE'Sトップ > トピックス > 東内那津未がアダムエメラルドカップ優勝!

CUE'S最新号

2021年09月号

偶数月4日発売
2021年09月号 8/4発売

詳細を見る

トピックス

2021.07.24 トーナメント

東内那津未がアダムエメラルドカップ優勝!

第22回ADAM EMERALD CUP@ビリヤードヤマニ

CIMG0340-scaled.jpeg

東内那津未


7月22日(木祝)、『ビリヤードヤマニ』(東京・小岩)で女子のスリークッショントーナメント『第22回ADAM EMERALD CUP(アダムエメラルドカップ)』が開催され、東内那津未が3年ぶり4度目の優勝を飾った。

フォーマットは5点ゲームの2セット先取。段位・持ち点は不問で、ベスト8までダブルイリミネーション、以降はシングルイリミネーションで争われた。『(株)アダムジャパン』主催のイベントであったため、韓国・女子のスリークッションプロツアー『LPBA』に参戦中の選手の名前も多く見られた。ただし、昨大会優勝者の肥田緒里恵が不出場で開催となった。

24名の出場者のうち、ベスト4に勝ち進んだのは、LPBAに参戦中の東内、界文子小林諒子に加え、『第28回全日本女子スリークッション選手権大会』で優勝した西本優子の4名。

CIMG0334-scaled.jpeg

前列左から、3位:西本優子、準優勝:界文子、優勝:東内那津未、3位:小林諒子
後列左から、5位:深尾典子、井上牧子、竹島淳子、林奈美子


東内vs西本、界vs小林の組み合わせとなった準決勝は、東内、界がともにセットカウント2−1で決勝へ。決勝は東内が得点5−3、5−3とストレートで優勝、界は昨年に続き準優勝となった。

219068468_2157144921094575_2968237638222517399_n.jpeg


写真提供/JPBF