WEB CUE'Sトップ > トピックス > テンボールリモートマッチ、大井は3位タイ!

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2021.02.08 トーナメント

テンボールリモートマッチ、大井は3位タイ!

優勝はKonrad Juszczyszyn

145404194_1140393799758903_8962607073296548230_o.jpg


1月12日〜2月6日(火ー土)に開催されたリモートマッチ、『Poison VG 10 2.0』。大井直幸は、5日(土)に行われた準決勝でAivhan Malutoと対戦。フルセットの末に敗れ、3位タイで大会終了となった。

このイベントは、世界中のプロのプレイヤー28名が、ライブでテンボールのリモートマッチを行い、「ラックラン」(ボールインハンドからのマスワリ回数)を競い合うというもの。予選は4名×7組に分かれ、リーグ戦形式でテンボール8ラック。ベスト8からはセットマッチのシングルトーナメント、準決勝はラックラン数5回先取の2セット先取りで争われた。

146520192_1140393786425571_4069762640566332501_o.jpg

 


大井の準決勝での最終スコアは、セットカウント1−2(5−4、4−5、2−5)。第1セットは大井がノーミスの5連続ラックランを達成したが、第2セット以降はシュートミスもあり、相手に先攻される状況だった。なお、本大会の優勝はKonrad Juszczyszynが果たしている。

この大会の試合映像・結果は、YouTube、Facebookページから視聴可能となっている。

YouTubeは『こちら』。
Facebookページは『こちら』。

写真提供/Cue It Up