WEB CUE'Sトップ > トピックス > 『PREDATOR One Pool 10×4』優勝はカルド・ビアド

CUE'S最新号

2021年07月号

偶数月4日発売
2021年07月号 6/4発売

詳細を見る

トピックス

2020.12.17 トーナメント

『PREDATOR One Pool 10×4』優勝はカルド・ビアド

世界の強豪64名によるリモートトーナメント

one1217_champ.jpg


12月7日(月)に開幕した、世界のトッププレイヤー64名を集めてリモート形式で争われる『PREDATOR One Pool 10×4』。大会10日目の17日には決勝戦が行われ、2017年のナインボール世界王者、フィリピンのカルロ・ビアドが優勝を果たした。

テンボールを1人で10イニングプレーし、獲得した合計得点で競われる今大会は、4名1組が同時にプレーし、上位2名が次のラウンドに進むフォーマット。決勝に進んだ4名は、ビアドの他、2018年ナインボール世界選手権王者のヨシュア・フィラー(ドイツ)、同2019年王者のフェダー・ゴースト(ロシア)というワールドタイトルホルダーと、2014年のジュニアナインボール世界選手権チャンピオンのアロイシウス・ヤップ(シンガポール)。

one1216_final.jpg


いずれもこれまで高得点で勝ち上がってきたトップスターによる戦いは、序盤からミスの少ない得点の取り合いとなったが、その中でブレイクが決まらず得点を伸ばせなかったヤップが脱落。3人のナインボール世界王者の争いとなる中、抜群の安定感を見せたビアドが、ブレイクノーインなし、全てのイニングで高い得点を獲得し115点で優勝を決めた。2位は103点のゴースト、3位は93点のフィラー、4位は42点のヤップ。

one1217_draw.png


この大会には日本から日本から、大井直幸土方隼斗高野智央平口結貴和泉早衣子の5名が出場し、最高成績は大井と土方のベスト16であった。

この大会の全試合は、現在もOne Sports TVのFBページYouTubeチャンネルで配信中だ。