WEB CUE'Sトップ > トピックス > LPBA第7戦、東内那津未と小林諒子が5位タイ

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2020.01.30 トーナメント

LPBA第7戦、東内那津未と小林諒子が5位タイ

welcome savings bank PBA/LPBA championship

0130hall.jpg

PBA決勝戦終了後、キム・ビョンホ(韓国)が優勝を決めた時の様子


1月23日〜27日(木ー月)の日程で、韓国のスリークッションプロツアー・PBA/LPBAの第7戦『welcome savings bank championship』が開催。日本から参戦していた東内那津未小林諒子の2名が5位タイの成績を収めた。

LPBA(女子)では、ラウンド(ベスト)64〜32までが4人撞きのサバイバル方式と呼ばれるスリークッションで、制限時間内で得点上位2名が勝ち上がることができるゲーム。ラウンド16以降はセットマッチとなり、11点ゲームの3セット先取のフォーマット。フルセットになった場合は9点ゲームとなる。

0130natumi.jpg

東内那津未


東内は、4人撞きのサバイバルラウンドを抜け、ラウンド16のセットマッチでソン・スーミン(韓国)にストレート勝ちをすると、ラウンド8で現在LPBAランキング1位を独走するイム・ジョンスク(韓国)と対戦。第1セットを11−2(9キュー)で奪うも第2セットを2−11(12キュー)で奪われ、最終セットは8−9(18キュー)で1点差の惜敗となった。

0130ryoko.jpg

小林諒子


小林は、ラウンド16のイ・ヒャンジュ(韓国)との試合で11点ゲームをハイラン・9を含む僅か3キューで上がる好ゲームを演じて勝利を収める。続くラウンド8では、LPBA第5戦に優勝し、LPBAランキング2位のイ・ミレ(韓国)との対戦。このゲームを0−11(3キュー)、4−11(11キュー)で落とし、5位タイとなった。

0130wb1.jpg

LPBA優勝:イム・ジョンスク(左)と準優勝:イ・ミレ(右)


決勝は奇しくもラウンド8で日本選手を破ったイム・ジョンスクとイ・ミレの対戦。この試合をセットカウント3−1(決勝戦は3セット先取)でイム・ジョンスクが勝利、LPBA通算3勝目を上げた。男子(PBA)は、キム・ビョンホ(韓国)がPBA初勝利を上げている。

0130b1.jpg

PBA優勝:キム・ビョンホ


日本人選手の成績は以下。
【PBA】
小林英明:65位タイ
界敦康:65位タイ
【LPBA】
東内那津未:5位タイ
小林諒子:5位タイ
林奈美子:17位タイ
界文子:17位タイ

※写真提供/PBA/LPBA Tour