WEB CUE'Sトップ > トピックス > 平口結貴ベスト4進出!

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.10.23 トーナメント

平口結貴ベスト4進出!

『2019 CBSAツアー 北京・密雲戦』

19cbsabeijing_logo.jpg


10月17日(木)より中国北京市密雲区にて行われている男女共催の中国ランキングツアー戦『CBSAツアー 北京・密雲戦』のステージ2が進行中だ。JPBAからは大井直幸平口結貴が出場している。

まず17日〜19日(木〜土)に行われたステージ1には平口とアマチュアの鈴木謙吾、田中裕也、森学が出場。平口は18日(金)のトーナメントで中国勢や台湾勢を連破し、4連勝でステージ2進出を決めた。アマチュア3選手の中では鈴木が17日と19日にステージ1最終戦まで勝ち進んだが、惜しくも突破とはならなかった。

続いて21日(月)からスタートしたステージ2では男子が8名×8組の、女子が8名×4組の予選ラウンドを行い、前者がベスト32から、後者がベスト16から行われる決勝シングルへと進む選手を絞った。

19gpe5_ooi2.jpg

大井直幸


昨年優勝の大井はステージ2からの出場となり、グループEにて初戦からフィリピンの強豪、ヨハン・チュアを相手に9−4で勝利。そして勝者側最終戦ではミャンマーの楊紹傑(マウン・マウン)をこちらも9−4で破り、2連勝で予選を突破した。しかし、本日23日(水)現地時間11時過ぎに行われた決勝シングルの初戦で中国の周龍に6−11で敗れてベスト32で終了、大会連覇とはならなかった。

19kyusyu_hiraguchi.jpg

平口結貴(写真は九州レディースオープン)


平口はグループDに入り、初戦で今年の『ジャパンオープン』優勝の陳佳樺(台湾)をヒルヒルで撃破して勝者側最終戦へと勝ち上がったが、現ナインボール世界王者の韓雨(中国)にヒルヒルで惜敗し敗者側最終戦へと回った。後が無くなった平口だったが、牟可由(台湾)を7−5で破って決勝シングルへと駒を進めると、初戦の白鳩(中国)に9−5、ベスト8のルビレン・アミット(フィリピン)にも9−7で勝利し、6月に行われた『CBSAツアー 泰順戦』に続き2戦連続となるベスト4進出を決めた。準決勝は日本時間20時より現WPAランキング1位、陳思明との対戦が決定している。

トーナメント表・スケジュールは大会公式ホームページより。また、平口のFacebookページTwitterアカウントでも結果を速報しているので随時チェックして頂きたい。

写真提供:On the hill!