WEB CUE'Sトップ > トピックス > テンボール世界選手権1日目が終了

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.07.23 トーナメント

テンボール世界選手権1日目が終了

@アメリカ・ラスべガス『リオ オールスイートホテル&カジノ』

predator10ball_rogo_new.jpg


現地時間7月22日(月)より『テンボール世界選手権』の試合がスタートしている。この大会は64名の招待制となっており、各国からワールドスターたちが集結しテンボール世界王者の称号をかけて争う。JPBAからはAPBUシードとして大井直幸栗林達、6月に行われた日本予選を通過した羅立文吉岡正登、ワイルドカードとして赤狩山幸男の5名が参戦。

predator10ball_kuribayashi.jpg

栗林達


フォーマットは8ラック先取のダブルイリミネーションでベスト16を決定し、その後は10ラック先取のシングルイリミネーションでしのぎを削る。JPBA勢の1日目の結果を試合が終わった順に紹介していくと、まず栗林はフィリピンのジェームズ・アラナスに8−6で勝利し勝者側2回戦へ駒を進めた。続いて羅はスコットランドのジェイソン・ショウに4−8で、大井がオーストリアのマクシミリアン・レヒナーにヒルヒルで、赤狩山はギリシャのアレクサンダー・カザキスに6−8でそれぞれ敗れ、3名は敗者側へと回る結果に。最後の吉岡は吳坤霖と対戦しヒルヒルで勝利。勝者側2回戦進出となった。

19jo_ro.jpg

羅立文


predator10ball_ooi.jpg

大井直幸


明日のJPBA勢の対戦カードは以下の通り。
栗林達vsクリス・メリング(イギリス)
羅立文vsToan Nguyen(ベトナム)
大井直幸vsエクレント・カチ(アルバニア)
赤狩山幸男vsルベン・バウティスタ(メキシコ)
吉岡正登vsカルロ・ビアド(フィリピン)

jo1501_kari.jpg

赤狩山幸男


jo14_yoshioka.jpg

吉岡正登


その他、勝者2回戦の海外勢注目カードとしては
ヨシュア・フィラー(ドイツ)vsヨハン・チュア(フィリピン)
アレクサンダー・カザキス(ギリシャ)vsスカイラー・ウッドワード(アメリカ)
ラルフ・スーケー(ドイツ)vsアール・ストリックランド(アメリカ)
柯秉逸(台湾)vsアレックス・パグラヤン(カナダ)
などが挙げられる。これ以外にもアメリカの大エース、シェーン・バン・ボーニング(アメリカ)や、2019アジア選手権覇者である柯秉中など、優勝候補となる選手は順当に勝ち上がっている。

predator10ball_filler.jpg

WPAランキング1位、ヨシュア・フィラー(ドイツ)


predator10ball_pagulayan.jpg

今月16日に今年の『BCA Hall of Fame』(ビリヤードの殿堂)入りが決まったアレックス・パグラヤン(カナダ)


トーナメント表はコチラ。この大会の一部の試合は『CueSports International』(CSI)のYouTubeチャンネルにてLive配信を行っているので、気になる方はチェックしてみていただきたい。

写真提供:Predator 10ball championship Facebook