WEB CUE'Sトップ > トピックス > ヨシュア・フィラーが歓喜の雄叫びを上げる!

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.04.28 トーナメント

ヨシュア・フィラーが歓喜の雄叫びを上げる!

USオープン ナインボールチャンピオンシップ

現地時間4月21日(日)から6日間に渡って行われた『USオープン ナインボールチャンピオンシップ』が、ついに幕を閉じた。

1904usopen_hall2.jpg

決勝テーブルの周囲は満員の観衆で埋め尽くされた


決勝のステージへと進んだのは、ヨシュア・フィラー(ドイツ)と、吳珈慶(中国)。フィラーは準決勝で、国際メジャータイトル初制覇を目指すジェフリー・デルーナを11−8で撃破。吳は、ベテラン・張玉龍(台湾)を11−5で圧倒して決勝進出を果たした。

1904usopen_jefuri.jpg

3位タイ・ジェフリー・デルーナ(フィリピン)


1904usopen_chou.jpg

3位タイ・張玉龍(台湾)


両者はサウスポーであるという以外にも、世界チャンピオン(フィラーは昨年の、吳は'05年のナインボール世界選手権優勝)という実績と、イレを重視した攻めのプレースタイルという共通点を持っている。

usopen_u.jpg

準優勝・吳珈慶(中国)


決勝はそれまでの11ラック先取から2ラック増え、13ラック先取というロングゲームで行われた。序盤から中盤はフィラーが大きくリードしていたが、吳も難球をことごとく入れて食らいついていった。試合も終盤に差し掛かり、12−8で優勝に王手をかけたのはフィラーだったが、吳が粘りを見せて2ラック連取し12−10。

1904usopen_final.jpg

優勝を決めた直後のフィラーの雄叫び


吳のプレーを見る限りではヒルヒルの可能性も十分考えられた。しかし、第23ラックで悲劇が起こる。吳のブレイクは取り出しが見えていたが、構えに入ろうとしたその時、手球の真後ろにあった4番に、トップレベルの試合では極めて珍しい球触りをしてしまう。意気消沈している吳を横目に、フリーボールを与えられたフィラーが全球取り切り13−10で試合終了。フィラーは21歳という若きでUSオープン初優勝を果たした。

1904usopen_winner.jpg

世界選手権に続き、フィラーは妻のピアと優勝の喜びを分かち合った


JP Parmentier/Vincent Rochefort