WEB CUE'Sトップ > トピックス > 2月24日(日)より関西の球聖戦第2章開幕!

CUE'S最新号


偶数月4日発売
2022年1月号 12/3発売

詳細を見る

トピックス

2019.02.21 告知

2月24日(日)より関西の球聖戦第2章開幕!

球聖・女流球聖関西B級戦

0128kansai.hall.jpg

関西地区の会場となる『玉出ビリヤードACE』(写真は第30回関西オープン)


アマチュア全国主要タイトルの1つである球聖位決定戦・女流球聖位決定戦の予選となる、『関西B級戦』が2月24日(日)に大阪の『マグスミノエ』・『玉出ビリヤードACE』にて行われる。

西日本では2月3日(日)の『関西C級戦』よりスタートし、男子は97名、女子は24名がC級戦からB級戦へと駒を進めた。球聖戦・B級戦のフォーマットはB級シード選手とC級進級者による組別トーナメントで、勝者側6ラック先取、敗者側5ラック先取のダブルイリミネーションで行われる。A級進級者はA級シード選手の出場申し込みによって決定する形となる。

kyoto14_kagami.jpg

鏡園勝(大阪)


kyusei15_miyagi.jpg

2017年西日本代表・宮城龍馬(沖縄)


球聖戦のB級シード選手には2017年の『全日本アマチュアナインボール選手権』A級の部優勝、昨年の『京都オープン』優勝など、数々の実績を持つ鏡園勝や、2017年の球聖戦の西日本代表として、当時の東日本代表・喜島安広と挑戦者の座を懸けてハイレベルなバトルを繰り広げた宮城竜馬など、全国レベルのアマチュア選手が名を連ねている。

joryu_nagaoka.jpg

昨年の西日本代表・永岡さつき(愛媛県)


女流球聖戦・B級戦のフォーマットは、同じくB級シード者とC級進級者での組別トーナメントを女子は5ラック先取で行う。A級進級者は4名となっている。女流球聖戦のB級シード選手は、昨年のA級戦で西日本代表になった永岡さつきを筆頭に、決勝トーナメントに残った選手達が登場する。

C級戦を勝ち抜いた選手、実力・実績十分なB級シード選手。この中でA級戦へと続く狭き門をくぐるのはいったい誰になるのだろうか。注目の関西B級戦は男女共に10時試合開始となっている。