WEB CUE'Sトップ > トピックス > 記念すべき第1回日本海オープン!

CUE'S最新号

2021年11月号

偶数月4日発売
2021年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.01.25 告知

記念すべき第1回日本海オープン!

@ビリヤード パーラー エディ

2019_NihonkaiOpen-.jpg



今週末は『関西オープン』男女に加え、石川県野々市市の『ビリヤード パーラー エディ』にて、第1回目となる『日本海オープン』が行われる。フォーマットは30点先取のシングルトーナメント(ベスト8より40秒ルール採用)。27日(日)の組み合わせは以下の通りとなった。

2019_NIHONKAI_kumi.jpg


要項によると、大会シードの梅田竜二(2008年西日本マスターズ優勝)、新井達雄(2018年・年間ランキング1位)に加え、関東・関西・中部の予選を勝ち抜いてきた7名のプロ。そして開催地の北陸アマ枠として松本純一、26日(土)のアマチュア予選会で選出される2名の全国アマの計12名で争われる。

arai.jpg

昨年ランキング1位・新井達雄


注目はやはり、昨年自身8度目となる年間MVPを獲得した新井だ。プロ入り40年を超えるキャロムビリヤード界の重鎮は還暦を過ぎてもなお、培ってきた経験を武器にトップの場で戦い続けている。昨年は、5月に行われた『第75回全日本スリークッション選手権大会』で4年ぶり5度目(歴代3位タイ)の優勝と、10月に開催された『第14回プロスリークッショントーナメントGLANZ戦』を制した。

allknanto18_tanaka.jpg

昨年プロ入り初優勝を成し遂げた田中潤


その他には昨年、公式戦初優勝(『全関東スリークッション選手権』)を果たした田中潤や、『バンドスピリッツツアーズ』第3戦優勝の町田正、その町田を『全日本カードル47/2選手権大会』で破って優勝した森陽一郎など、実力のあるベテラン・中堅が揃っている。2019年初白星を飾るのはどの選手になるのだろうか。