WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 今週末は東海で激闘が始まる!

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2018.09.12 トーナメント

今週末は東海で激闘が始まる!

第23回東海グランプリ&第18回東海レディースグランプリ

16tokai_hall.jpg

決勝会場は例年通り名古屋市の『MARCY』(マーシー)


今週末(15日・土)から2日間で『第23回東海グランプリ』と『第18回東海レディースグランプリ』が開催される。種目は男子がテンボール、女子がナインボール。初日の土曜日に、男子は愛知県内の5つの会場(名古屋市の『MARCY(マーシー)』、『小牧ハスラー』、『JIN』と東海市の『ダマデノッチェ』、北名古屋市の『MARCY2(マーシー2)』)を使用して予選を行う。女子は『春日井オークランド』(春日井市)での予選開催だ。

gpe112_kuribayashi.jpg

前回大会優勝の栗林達


男子の初日の予選は7ラック先取のダブル・イリミネーションを戦い、予選通過者の計64名によるシングル・トーナメントに突入。その日はシングル2回戦までを戦って決勝日に進む16名を決定する。シングルより先は8ラック先取、いずれも勝者ブレイク(女子も同様)だ。

女子も男子と同じく予選はダブル・イリミネーションによって通過者を決定。16名によるシングル・トーナメント1回戦までを消化し、ベスト8からが決勝日に持ち越される。フォーマットは予選が6ラック先取、シングルより先は7ラック先取。

ejt18_06b.jpg

ジャパンツアーを開催中のエフレン・レイズが参戦決定。優勝で締めくくることができるか


男子は今のところエントリーリストが確定していないため出場選手ははっきりしてはいないが前回大会優勝の栗林達をはじめ、例年トッププロが名を連ねているため今年も多くの選手の出場が予想される。また、今回は今月6日からジャパンツアーを行っている"マジシャン"ことエフレン・レイズが今大会に参戦することが決定した。ジャパンツアーの最終日が東海グランプリであり、レイズを生で見ることができる最後のチャンスだ。華麗な技の一つ一つを会場で見る価値は充分にある。



jo15w_kuribayashi.jpg

2年ぶりの優勝を狙う栗林美幸


女子は前回大会優勝の元廣麗子河原千尋平口結貴栗林美幸など、こちらも日本のトッププロ達が軒並み参戦する。元廣が連覇なるか、それとも一昨年度優勝の栗林美幸や連覇経験のある河原などが立ち塞がるのか、はたまた新たなチャンピオンが誕生するのか、こちらも目が離せない大会になるだろう。

ajwpt26_motohiro.jpg

女子の前回大会優勝は元廣麗子。連覇なるか


決勝日は名古屋市天白区のマーシーにて行われる。9月も半ばに入りようやく灼熱のような暑さも落ち着き始めたが、東海地方では違った意味でアツい週末になりそうだ。是非とも会場に足を運び観戦されてはいかがだろうか。