WEB CUE'Sトップ > トップニュース > ビリヤード検定開催中〜検定風景〜

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2018.08.29 ビリヤード検定

ビリヤード検定開催中〜検定風景〜

第11回ビリヤード検定

第11回ビリヤード検定が8月25日(土)から始まりました。9月2日(日)まで全国のビリヤード検定開催協力店で検定を受けることができます。4種のレベル別の課題から自分に合ったものを受検すると、C3級からS1級までの12段階のグレードで評価を得ることが出来ます。

biri11_home.jpg


この週末で検定を実施したビリヤード場からは、検定風景の写真が届いています。 今日は滋賀栗東の「SOUL WOOD」と、大阪淀川の「Poche」から届いたお写真を紹介します。


biri11_hayakawa.jpg


SOUL WOODは日本を代表するカスタムキューメーカー早川工房の代表、早川徹氏のお店です。建物の1階が早川工房、2階が「SOUL WOOD」になっていて、お店にはポケット5台、スリークッション1台が設置されています。栗東トレーニングセンターで競馬の世界では「馬のまち」として知られる滋賀県栗東市ですが、ビリヤードでは「キューのまち」として世界に名を轟かせる日が来るやもしれません。

IMG_4948.jpg

背後の「大和魂 早川工房」の垂れ幕がかっこいいですね。ちょっと見づらいかもしれませんが、課題配置球をセットしやすいように、マーカーとなるシールがラシャに貼られています。


IMG_4942.jpg

検定は受検者同士2人1組で行います。1人が撞いて、もう1人がその結果をスコアシートに記録して進めていきます。検定にかかる時間はおよそ1時間半から2時間ほどです。



Pocheは「平成版なにわの貴公子」こと吉岡正登プロがコーチを務めるビリヤードレッスン場です。今年2月に大阪北区から淀川区に引っ越ししたばかりです。北区時代の2台から増えて、現在のレッスン場にはポケット4台が設置されています。

IMG_6555.jpg

4名2組が同時に受検していますね。同じレベルを受検する者同士でなくてもペアを組むことができます。緊張しいの方は、「検定で手が震える」なんてこともあるかもしれません。そんな時励まし合う相手がいるのは、嬉しいですね。


IMG_6621.jpg

カモンカモン......! 検定ではシュートだけでなく、出し、取り切り、知識など総合的にビリヤードの能力を測ります。こちらは的球シュート後、決められたラインまで手球を出す課題でしょうか。
手球とどけっ!


IMG_6623.jpg


IMG_6549.jpg

どちらの写真も良い笑顔。検定、満足の行く出来でしたか?


IMG_6564.jpg

「Poche」は会員制なのでみなさん吉岡プロの生徒の方々でしょうか。日頃のレッスンの成果はいかに。



第11回ビリヤード検定は9月2日(日)までの開催です。受検の申し込みは、お近くの開催協力店検定終了まで随時可能です。受検結果は、9月3日(月)に合格点発表、9月下旬合格者発表、10月初旬に合否通知表、成績表送付の予定です。


写真提供:SOUL WOOD/ Poche