WEB CUE'Sトップ > アーカイブ > 羅立文―僕を育てた日本ビリヤード

カテゴリー

アーカイブ

羅立文―僕を育てた日本ビリヤード

非常にクレバーなプレイヤーだ。例えば、古い大会の日付・結果・球の配置を即座に取り出せる記憶力。例えば、通訳なしで日本中を遠征し、すぐに友達を作れる語学力。例えば、肉体を鍛えたり、精神の脆さに向き合うことを全く厭わない自己管理能力。5月の『USオープンテンボール』で準優勝、日本国内でも今年すでに5勝を挙げて、ランキング1位へひた走る羅立文、32歳。躍進の理由は、球の技術や経験だけでなく、こういったアスリートとしての総合力が磨かれたからだろう。本人は言う。「全て日本に来たおかげ」と。「フミ」の第二の故郷、横浜を歩きながら言葉を交わした。
取材協力/ハイランドビリヤード(神奈川)
(2010年9月号掲載)

ダウンロード

オススメ書籍・DVD