WEB CUE'Sトップ > スキルアップ > No.1 ビリヤードギアの基礎知識1

スキルアップ

スキルアップ

初めてのビリヤード 【一覧】

No.1 ビリヤードギアの基礎知識1

beginner_key.gif

ビリヤードの道具のことから様々なゲーム、さらには基本的なテクニックまで、ビリヤードの世界をわかりやすくナビゲートしていきます。

Basic Gear01 ビリヤードのボール

最近の手球は赤いドット入り。的球は黒を境に7色で色分け!

bg_01_01.jpg

bg_01_02.jpg

キューで撞く白いボールが「手球」です。英語では「キューボール(Cue Ball)」とも言いますが、今はこのように6ヶ所に赤いドット(点)が付いたものが主流です。このドットがあることで、ショットした際の手球の回転がよくわかるようになっています。 的球は1番ボールから15番ボールまでの15個です。1番から黄色、青、赤、ピンク、オレンジ、緑、薄茶色、そして8番が黒、その後はまた9番から黄色、青、赤、ピンク、オレンジ、緑、薄茶色でストライプの入ったボールとなります。これらのボールをゲームの種類によって使い分けることになります。

Basic Gear02 ビリヤードのキュー

バット&シャフトの2分割が主流。各部の名称もついでにチェック

bg_01_03.jpg

キューとは手球を撞く棒のことで、現在のキューの多くは構造的にバットとシャフトに分かれます。この2つを繋いでいるのが金属や樹脂製のジョイントと呼ばれるパーツです。そしてシャフトには先端部に革製のティップ(タップ)が付いていて、ティップは木を保護するための先角(フェラル)に接着されています。一方利き手で握る方のバットには、糸や革で巻かれたグリップがあり、プレーする際にはここを持つ事になります。この部分が木のままのキューもあり、それはノーラップとかウッドハンドルなどと呼ばれています。