WEB CUE'Sトップ > ルール> 用語集 > 見越し

競技別

用語集

用語集

見越し(みこし)

手球をヒネった(手球の左右を撞いた)時の、手球の進路のズレ(トビ)。また「このぐらいズレるだろう」と見越して狙いを意図的に厚めや薄めに補正する行為自体を指す。語源は「××を見越して、○○する」の見越し。どんなショットで、どのぐらい見越しが出るのかは、撞く人、シャフトの性質、ストロークの仕方、撞点などによって変わってしまうため、「このぐらい」という基準がない。
参照→シャフトストロークヒネリ