WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2017年) > 【JO特集 Vol.7】観戦チケットを買おう!

カテゴリー

アーカイブ

過去のニュース(2017年)

2017.06.25 トピックス

【JO特集 Vol.7】観戦チケットを買おう!

チケット情報

ご存知のように『第30回ジャパンオープン』(以下、JO)が開幕する7月15日(土)までWeb CUE'Sでは毎日特集記事を更新している。内容は「JOの歴史」、各年の「Play Back」、「選手紹介」が主。今回はJOの観戦を考えている人に向けたチケット情報と、その購入方法のご案内をお届けする。

jo001_out.jpg

決勝日会場『ニューピアホール』の外観


チケットには『予選日のチケット』と『決勝日のチケット』の2種類がある。まず最初に『予選日のチケット』について。

7月15日、16日の観戦に必要な『予選日のチケット』は1日券(2,000円)と、2日通し券(3,000円)がある。こちらは各予選会場で販売されているので、当日に購入すれば良い。予選は『池袋・ロサ』『渋谷・キュー』『ポイントサンビリ荻窪西口店』『キャノンボール大森店』『バグース新宿店』『バグース六本木店』の6会場で行われるが、1度チケットを購入すれば全ての会場の出入りが自由だ。これは予選日チケットの魅力の1つ。

0619JO_3_th.jpg

男子の予選会場『池袋・ロサ』。


予選日観戦の魅力は他にもある。それは無数に行われている試合の中から自分の好きなものを選び、それを間近に見ることができる点だ。上の会場の写真は、男子2日目の『ロサ』。ここでは1日目を勝ち抜けて来た120名超のトッププレイヤーにより、決勝日進出をかけた戦いが行われる。昨年この会場では、世界チャンピオンの呉珈慶(中国)が吉岡正登を相手に、1-8の劣勢から8ラック連取で逆転勝ちを収め、ギャラリーを驚嘆させた。

16jomend2_wu.jpg

呉珈慶


続いて『決勝日のチケット』。こちらは6月6日(火)〜7月10日(月)の期間に、『チケットぴあ』各店と、提携コンビニにて販売されている。指定席チケット(前列4,000円、後列3,000円)と、立ち見チケット(2,000円。当日券は2,500円)の2タイプがある。指定席のチケットは、ぴあ店頭での購入に限り、自分で座席を指定することが可能だ。予定枚数が売れ次第、販売終了となるので、早めの購入をお勧めしたい。

jo001_hall.jpg

指定席は全396席! (招待席含む)


0625jo_2.jpg

座席表


7月17日(月・祝)の決勝日の観戦に関してはわざわざその魅力を伝えるまでもない。きらびやかな特設会場、超一流の選手達、素晴らしい試合展開がそこに待ち受けている。そして決勝日のチケットを買った人には『MUSASHI』『EXCEED』といったカスタムキューや、20万円相当のピアスが当たるギャラリー抽選も行われる。

以上、チケットの情報を皆さんにお届けした。予選日でも決勝日でも、ぜひ観戦に訪れてほしい。購入を希望される方は、まずJPBAのホームページをチェック。