WEB CUE'Sトップ > 過去のニュース(2012年) > 北海道のビリヤードイベントは大成功で幕

カテゴリー

アーカイブ

過去のニュース(2012年)

2012.09.24 イベント

北海道のビリヤードイベントは大成功で幕

『チーム交流戦 Vol.0』

hokkaidoivent2.jpg

『チーム交流戦 Vol.0』の出場者らの集合写真


9月17日(月・祝)、北海道札幌市の『ディノスビリヤード札幌中央』と『スポーツビリヤードキャノン』の2会場を使用し、『チーム交流戦 Vol.0』というビリヤードイベントが行われた。

今回のイベントは、いつも一緒のビリヤード場に居る仲間とチームを組んで一丸となり、真剣に楽しみながら他店のプレイヤー達とも交流を図って、北海道のビリヤードを盛り上げていこうというものだ。

このイベントは実は5年前まで、同名の交流戦を行っていたものの「準備に費やす時間が取れない」ことを理由に休止されていたのだが、企画団体の『琴似村』によって今年復活させることになったという経緯がある。

hokkaidoivent1

優勝した「大人会チーム」


参加は28チーム、140名の選手集まった。7チームずつの4ブロックに分かれて、5人1組のチーム戦で様々なチームと1人あたり4試合を行い、チーム合計20試合の勝敗数で各リーグ上位2組までが決勝トーナメント進出となった。そこからさらに各会場でそれぞれベスト8戦を行い、準決勝進出チームを絞り出した。

準決勝に勝ち上がったチームと対戦カードは『大人会チーム』VS『 真の男吉野伸也参上チーム』、『チームEPA』VS『チームドラゴン』。先に3勝したチームが勝ち上がるノックダウン方式で対戦し、大人会、チームドラゴンがそれぞれファイナルへ。

決勝は大人会の舘山、藤田が早々と2勝を上げ、あと1勝で優勝といったところから、チームドラゴンが細川、宮野の勝利で粘り、大人会・市岡VSチームドラゴン・小川の勝敗に優勝の行方が懸かることに。するとこの大一番は、ヒルヒルまで突入するスリリングな展開に末に、市岡の辛勝で大人会の劇的な優勝となった。

ビリヤード界全体が厳しい環境にある中、こうしたイベントは業界の盛り上げに大いに貢献できるものである。形は様々あれど、各地域にとって、活性化のためのイベントの一つのサンプルとして参考にしていきたいところだ。